Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流星ワゴン 第3回

3話は、一雄の息子・広樹と橋本の息子・健太の話がメインでしたね。

広樹は、やっぱりいじめがあったんですね。
なぜ、受験勉強が辛くなってきたのに、受験を止めなかったのかと思っていましたが、いじめっ子たちと同じ中学に行きたくなかったからと、見返したかったって。

でもね、広樹君にはあんまり同情できなかった。
だって、広樹君にはいじめられる理由がはっきりしてる。
今まで友達だと思ってたのに、勉強しないといけないからって遊びをすべて断って、しかも友達を見下すような言い方じゃね。
子供だから友達への気配りができなかったのかもしれないけどさ。
私はいじめっ子たちに少し同情しちゃったよ。
でも、だからといっていじめて良いというわけじゃないけどね。

もっと、普通に喧嘩すればいいのにって思ったよ。
お互いの気持ちを素直に言って、ぶつかっていれば、いじめにならず、お互いの気持ちも理解できたかもしれないのに。
それって、一雄と忠さん親子にも言えるんだけどね。
傷つけたくないとかプライドや見栄を張って、言いたいこと言えないのは良くないなって。
言いたいこと言っても仲良く付き合えるのが、本当の朋輩ってやつなんだろうって。
見ていて、自分も反省するわ。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakiko12ai.blog77.fc2.com/tb.php/586-ed037825
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。