FC2ブログ

Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重の桜 第三十二回

京都での生活が本格的に始まった今回。
やっぱり、覚馬さんの娘、みねが不憫でならなかった。
父親の覚馬さんと分かれたのはみねが赤ん坊の頃で、現代のような通信機器なく、写真も普及していなかった時代。
前回、覚馬さんと再開した八重さんやお母さんの佐久さんが感激し涙している中で、一人寂しそうにしていたみねが気になっていました。
みねにとっては、父親の覚馬さんの存在は実体のないものだったのかな。
だからこそ、母親のうらさんの存在は大きく、うらさんと分かればかりであり、しかも父親の新しい妻が居て。
現代だったら、非行に走りそうな環境ですよ;;
それでも、覚馬さんの後妻・時栄さんがよく出来た女性で(今のところ;;)
最後には家族全員で食事できていて、本当に良かった。

そして、八重さん。
八重さんも新しいことに挑戦ですね。
今まで武力で新しい道を切り開いてきたけれど、これからは武力ではなく学問だと。
覚馬さんにとっては、薩摩に捕らえられ、無力な状態で出来たことは、自分の頭で新しい世界を考えること。
牢屋の中で思っていた故郷、会津への思い。
八重さんも覚馬さんの真意がわかり、兄妹の仲がより深まって、ほっとしました。
ただ、うらさんへの思いは…というのもあります。
うらさんの着物を用意していた覚馬さん。
もし、うらさんが京都に来ていたら、うらさんや時栄さんの立場はどうなっていたのでしょう。
色々と複雑なことになっていたでしょうけど、覚馬さんはそこまで考えていたのかな?

そして、覚馬さんを背負う八重さん。
本当に軽々と背負っていますね。
綾瀬さんって意外と力持ち?

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakiko12ai.blog77.fc2.com/tb.php/513-803cea43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。