FC2ブログ

Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重の桜 第二十三回

会津はどこで間違えてしまったのか。

今回、覚馬さんが言った言葉。この言葉が今までの八重の桜の物語を表しているようですね。
松平容保が京都守護職を拝命してから、会津藩への反発が広まり、討幕派との争い。
そして、江戸幕府が倒れ、新政府との戦い。

本当にどこで間違えてしまったのでしょうね。

覚馬さんが牢獄で、かつて共に学んだ吉田松陰の顔を思いだします。
今は敵対している薩摩の西郷さんもともに学んだ仲間。
志は同じだったはずなのに、敵対してしまった。
本来だったら、お互いに手を取り合い、知恵を出し合い、良い国を作っていったはずなのに。
覚馬さんは、悔しいだろうな。
牢獄での叫びにはそんな思いが込められているのかな。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakiko12ai.blog77.fc2.com/tb.php/498-3bb3d798
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。