Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重の桜 第二十二回

なんとか日曜日まで見れた八重の桜。
今回、とにかく覚馬さんの姿が見ていられなかった。
あんなに声が嗄れて。それくらい、必死に争いを止めさせようと必死なんですよね。
それでも、牢屋にいる以上はその声が届かない。
でも、声を出すことしかできない。
見ていてつらかったです。
それに、覚馬さん、捕らわれるときに腰を打ってしまって、歩くこともままならなくなってしまっていたんですね。
彼にどこまでも試練を与えるんですね。

西島さんは実際に声を嗄らしたのかな。
そうだったとしたら、役者魂に恐れ入ります、

そして、八重さん。
弟の仇を討つためだけを思い、暴走する。
八重さんの姿を見ていてもつらいです。

ついに白虎隊も登場しました。
悲劇を知っているだけあって…。

今回は見ていてつらいことばかり。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakiko12ai.blog77.fc2.com/tb.php/497-a861c26d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。