Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流星ワゴン 第5回

もう、金曜日だった(゚o゚;
流星ワゴン、脱落しそうです。
以前、原作を読んだ時は楽しく読んだ記憶があるのにな。
実写版だと物語が単調な気がして面白くないんだよな。
 
今回は、橋本親子の話。
交通事故は加害者、被害者ともに不幸になると、つくづく感じる。
特に橋本さんのように悪意があったわけではないと余計にね。
でも、免許取って直ぐに山道を走るなんて危険だよ。
余程、運転に自信がないとできないよ。
それ程、健太くんとの関係を作りたかったんだろうけど。
たら、ればの話になるけど、ほんとに少しのことで結果が違ったのにと思うと切ない。

そして、一雄が偽善者っぽくて好きじゃないと気付いた。
主役に魅力を感じないから、物語が面白くないのかな。
原作では、こんな人物だったかな~。
西島さんが演じていて残念なんだけど、一雄は好きになれそうにない(;´Д`)

あ、風立ちぬ。
本庄さん。素敵。
やっぱり、西島さんの声が好きだ!

スポンサーサイト

流星ワゴン 第4回

今回は、一雄にイライラしちゃいました。
美代子さんが闇金から300万円も借金しているのに、どうして怒らないの?
300万円返すのは良いけど、怒ってパチンコ依存症になってしまった原因を探らないと、解決しないよ。
現にラストでまた借金してるし。
一雄は、離婚を申し出されたという未来を知っているから嫌われないようにしていると思ったけど、元々良い夫であり、父親になろう、完璧さを求めていたのかな。
完璧さについていけなかった美代子さんは、ストレスでパチンコ依存症になってしまったのかな?
前回もそうだけど、一雄は人と真正面に向き合うことを避けているよね。
そんなんじゃ、問題は解決しないと思う。
真正面からぶつかるのは、自分も相手も傷付くしキツいけど、一雄にはそれが必要だと。
そのための忠さんだよなぁ。
忠さん、もっと暴れてしまえ(笑)

流星ワゴン 第3回

3話は、一雄の息子・広樹と橋本の息子・健太の話がメインでしたね。

広樹は、やっぱりいじめがあったんですね。
なぜ、受験勉強が辛くなってきたのに、受験を止めなかったのかと思っていましたが、いじめっ子たちと同じ中学に行きたくなかったからと、見返したかったって。

でもね、広樹君にはあんまり同情できなかった。
だって、広樹君にはいじめられる理由がはっきりしてる。
今まで友達だと思ってたのに、勉強しないといけないからって遊びをすべて断って、しかも友達を見下すような言い方じゃね。
子供だから友達への気配りができなかったのかもしれないけどさ。
私はいじめっ子たちに少し同情しちゃったよ。
でも、だからといっていじめて良いというわけじゃないけどね。

もっと、普通に喧嘩すればいいのにって思ったよ。
お互いの気持ちを素直に言って、ぶつかっていれば、いじめにならず、お互いの気持ちも理解できたかもしれないのに。
それって、一雄と忠さん親子にも言えるんだけどね。
傷つけたくないとかプライドや見栄を張って、言いたいこと言えないのは良くないなって。
言いたいこと言っても仲良く付き合えるのが、本当の朋輩ってやつなんだろうって。
見ていて、自分も反省するわ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。