Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重の桜 第三十七回、三十八回

八重の桜、何とかしがみついてます。
今日、お昼の再放送で三十八回「西南戦争」を見ました。

私、小学生のときに「るろうに剣心」にハマっていたので、「西南戦争」から大久保利通への暗殺と聞くと、「ああ、るろ剣の時代に入っていくんだなぁ」って思ってました(笑)

それは、さておき。
三十七回は、熊本の英学校の問題児たちが同志社英学校へやってきます。
熊本から来た学生は、元々同志社にいた学生たちのレベルが低い、教育の内容が悪いと嘆願書を襄に出します。
学問とは何ぞや。ただ知識を手に入れるだけで良いのか。
襄は、そうではなく、人として育む場所でもあると。それが教育。
知識だけ手に入れ、頭でっかちの人間が、手に入れた知識を有意義に使うことができるのか。
色々考えさせられますね。
社会人になって気付いたのは、決して高学歴の人間が仕事ができるわけでは無いこと。
最高学府を出ているというのに、人と会話することができなかったり、心配りができなかったりと、残念な人を結構みているので。
襄は、100年以上も前から、教育とは何ぞやと説いていたんですね。
それが、今では受験戦争だったり、ゆとり教育だったり…と思うと悲しいばかりです。

そして、三十八回「西南戦争」
この戦争をきっかけで、完全に武士の時代が終わるんですよね。
明治新政府は、かつての武家の人間たちの扱いが下手だったのかもしれませんね。
武士としての誇り、刀を取り上げ、彼らの不満は募るばかりでしょう。
西洋の列強と対等になるためには、急激な近代化が必要だったわけですが、その近代化についていけない人間たちへの救済を考えることができなかった。
覚馬さんも、かつて勝海舟の下で出会った西郷さんを止められなかったとつらいでしょうね。
同じように新しい世界を夢見て描いていたというのに、その仲間がどんどん減っていく。
戦争の回というのは、やっぱり見ていてつらいですね。

スポンサーサイト

エコナビとソフラン  [9/28 拍手御礼追加]

すみません、八重の桜は脱落しそうです。
先週の放送は、まだ見れてません(>_<)
次の放送までには見たいですが

そして、本題。
西島さんのCMは、益々増えていきますね。
次は、パナソニックのエコナビにソフラン。
エコナビのCMは、Webサイトの予告からおしゃれな雰囲気ですが、ソフランは主夫な西島さん。
洗濯している西島さん、イメージ無かったんですが、良いですね。
洗濯に失敗して困ってるとか、想像できる(笑)

エコナビの方も最新家電の操作に付いていけない、機械音痴な西島さんとか(笑)
そうだと、CMにならないか。
何となく、西島さんには家電芸人より機械音痴でいてほしい(´д`)

------------------------------
拍手御礼です。

メイさん
お久しぶりです。拍手ありがとうございます。
パナソニックのCM見られたんですね!私はまだテレビでは見ていないんです。
CM発表会の様子もテレビじゃなくて新聞で見ました。
WEBの情報からだとエコナビ製品全般に出演するみたいですね。
CMでたくさんニマニマできそうですね。

nicosmileさん
拍手ありがとうございます。
私は、まだ何とか八重の桜にしがみついてます(笑)
西島さんが出ていても物語が面白くないと、観ていてつらいですね(><)
インビジブルレイン、観られたんですね!
姫川班が無くなってしまったのは、寂しいですよね。永遠に続かないとわかっていても。
私も原作は未読で、何度か読もうかと思いましたが、菊田のイメージが違うとのことで止めてます(笑)
ので、私の中でもストロベリーナイトは完結。菊田はあのままで永久保存しておきます(笑)

Category : CM

八重の桜 第三十六回

なんだか、朝ドラみたいになってきた八重の桜。
感想を書くにも、腰が重い。
長かった会津戦争が終わり、重苦しい雰囲気が晴れたというのに、何でだろう?
思うに、私は八重さんみたいなタイプがあんまり好きじゃないのかもしれない。
覚馬さんも、以前より魅力的とは言えない。
やっぱり、うらさんのことがあるからかな。

魅力的と思える人物が物語りに居ないと、物語が面白くならない。
八重の桜は、今そんな感じです。

今週、キリスト教徒だということで学校を辞めなければならなかった八重さん。
これからは、夫について新しい文化をどんどん吸収していくんでしょう。
そんな中、八重さんと覚馬さんの母親である佐久さん。
彼女は、なんて柔軟なんでしょう。
八重さんのためにウェディングドレスを作ったり、会津から文化の違う京都での暮らしにも馴染んでいるようにみえます。
江戸時代の武家の奥様なのに、新しいことを受け入れられる。
山本家が刀の時代に砲術という新しい武器を得意とする家に嫁いだからなんでしょうかね。
佐久さん、懐が大きいなぁとつくづく思いました。

八重の桜 第三十五回

先週日曜は出かけていたため、リアルタイムで見ることはできず、ずるずると観ないまま一週間。
ようやく、先週の八重の桜を鑑賞。

京都で学校を作ろうとする襄にプロポーズされ、未だに心の中に尚之助さんがいる八重さんは、プロポーズに答えません。
そんな中、尚之助さんが病死したという知らせを聞いた八重さん。
気丈に振舞って仕事に戻っていましたけど、やはり心の中には尚之助さんと共に居たかったという後悔があったんでしょうね。
そんな八重さんの心の中を知っているのか、襄さんは八重さんをピクニックに誘う。
そこは、弟の三郎が戦死した場所。
どうしてこの場所に連れて来たのかと起こる八重さんだけれど、襄さんは悟す。
悲惨な過去にも目を向けなければ、前に進むことはできない。
深い言葉ですね。

八重さんにとっては、こんな襄さんに出会えたことが、本当に良かったんでしょうね。
先進的な考え方を持ち、八重さんの過去にも理解があって。

襄さんの学校作りは、宗教の問題やまたしても上層部の権力問題に妨害されているようですね。
覚馬さんが槇村に嘆願しにいっても、結局は敗戦国である会津出身の覚馬さんを蔑視しているようですし。

さて、明治に入って雰囲気が変わった八重の桜。
学校作りに力を注ぐ襄さんとそれを支えることになる八重さん。
なんだか、大河ドラマというよりは朝ドラテイストが濃くなったような…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。