Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重の桜 第二十五回

もう、見ていてツライわ。
覚馬さんは、ずっと牢獄だし。
それでも、覚馬さんは自分ができる限りのことをしようと「管見」を書く。
新政府への提言、日本のあるべき姿を思う、覚馬さんに胸を熱くするわ。

一方、会津ではいよいよ鶴ヶ城にも新政府軍が迫り、山本家も城へ入ることになりましたね。
城へ入る前、戦死した弟の軍服を着る八重さん。
自分も戦うという決意の表れですね。
そして、次回から籠城戦の始まり。
来週は、西郷頼母一族の自害が描かれるのだろうか。辛すぎるな。

話は変わりますが、昨日のあさイチのプレミアムトークに綾瀬さんがゲスト出演していましたね。
そこで、西島さんからのメッセージ。
その西島さんの姿。あれは、明治に入ってからの覚馬さんですね。
オールバックで精悍な感じ。かっちょええ。
撮影のエピソードで、明治に入って体が不自由な覚馬さんを八重さんが背負って色々なところへ出向いたという有名なエピソードを撮影したそうですが、体が重いという西島さんを軽々と背負った綾瀬さんに感心していた西島さん。
そのシーン、早くみたいな。
また、ツボだったのが綾瀬さんが西島さんのことを「お兄ちゃん」って呼んでいたところ。
本当に兄妹みたいで、ほっこりしました。

スポンサーサイト

uomo (ウオモ) 2013年 08月号 [雑誌]

この記事はブロとものみ閲覧できます

あんこや

最近、西島さんの新しいCMがどどーんとやってきますね。

次は、ローソンのあんこや。豆大福のCMです。
おされな街中で大福を頬張る西島さん。
唇が粉で白くなっているところが、可愛い(笑)



私は、豆類が好きじゃないので貢献できないのが残念ですが…。

Category : CM

Lapin Chocolat [6/24 拍手御礼追加]

昨日、録画していたガリレオを見ていたら、突然西島さん登場!
スズキの軽自動車ラパンのCMでした。
いつからこのCMは放映していたんだろう??
CMでショコラティエを演じる、西島さん。
素敵すぎる!!
甘いもの好きな西島さんにはピッタリですね。
このCM,シリーズ化すると良いな。

http://mylapin.jp/chocolat/top.html

---------------------------------------------
拍手御礼です。

nicosmileさん
いつもコメントありがとうございます。
西島さんのまた素敵なCMが見れましたね。
ローソンのあんこや、見たことが無かったので、nicosmileさんの情報でローソンのページに飛びました。ありがとうございます。
ストロベリーナイトのDVDは、もう発売なんですね。
公開されてからもう半年たつと思うと、時が過ぎるのは早いですね。
nicosmileさんも、ぜひ姫川さんと菊田の恋の行方をご堪能ください!

Category : CM

八重の桜 第二十四回

先週の感想、なんとかギリギリセーフ。

先週、二本松少年隊の悲劇。
八重さんが以前、鉄砲を教えた少年たち。
12歳から17歳という年端もいかない子供なのに、戦闘の最前線にたち無残にも散っていく。
兵力の差というのもあるけれど、まともに応戦することができない状況になっていった少年たちの姿を見るのはつらい。
最後、先生の仇とばかり敵に切り込んでいったあの少年。
彼らがそこまで守りたかったものとは、自分たちの国の矜持もあるけれど、最後は仲間だったのかな。

そして、会津もいよいよ籠城戦ですね。
先週、NHKの番組で西郷頼母一族の最後という特集を見て、一族が自決するほどのことなのか、生き残るというすべはなかったのかと考えてしまいました。

これからの7月21日の放送まで籠城線が続くというので、辛い場面を見ることが続くわけですね。

今、覚馬さんが牢獄に囚われてしまているので、私としては早く解放されてほしいと思うばかりです。

猫じゃ猫じゃ

NHKBSで再放送中の純情きらり。
昨日の放送で、ついに冬吾さんの名場面のうちのひとつと言ってもいい『猫じゃ猫じゃ』がみれました!
八重の桜の覚馬さんも良いけど、八重の桜は物語が停滞気味で覚馬さんの見せ場もあまりないので、純情きらりを見ていると、本当に癒される。
やっぱり、冬吾さんは良いね!
自由奔放だけど、さり気ない優しさや、時には厳しさも持つ冬吾さん。
良い役柄だよな~
来週から笛子さんとの騒動(笑)もあって、より冬吾さんの魅力爆発なので、楽しみです。
ただ、純情きらりもこれから物語が戦争の色が濃くなっていくのと、私はあまり主役の桜子が好きじゃないのでσ(^_^;
楽しめるのは、今のうちかなぁ~

八重の桜 第二十三回

会津はどこで間違えてしまったのか。

今回、覚馬さんが言った言葉。この言葉が今までの八重の桜の物語を表しているようですね。
松平容保が京都守護職を拝命してから、会津藩への反発が広まり、討幕派との争い。
そして、江戸幕府が倒れ、新政府との戦い。

本当にどこで間違えてしまったのでしょうね。

覚馬さんが牢獄で、かつて共に学んだ吉田松陰の顔を思いだします。
今は敵対している薩摩の西郷さんもともに学んだ仲間。
志は同じだったはずなのに、敵対してしまった。
本来だったら、お互いに手を取り合い、知恵を出し合い、良い国を作っていったはずなのに。
覚馬さんは、悔しいだろうな。
牢獄での叫びにはそんな思いが込められているのかな。

八重の桜 第二十二回

なんとか日曜日まで見れた八重の桜。
今回、とにかく覚馬さんの姿が見ていられなかった。
あんなに声が嗄れて。それくらい、必死に争いを止めさせようと必死なんですよね。
それでも、牢屋にいる以上はその声が届かない。
でも、声を出すことしかできない。
見ていてつらかったです。
それに、覚馬さん、捕らわれるときに腰を打ってしまって、歩くこともままならなくなってしまっていたんですね。
彼にどこまでも試練を与えるんですね。

西島さんは実際に声を嗄らしたのかな。
そうだったとしたら、役者魂に恐れ入ります、

そして、八重さん。
弟の仇を討つためだけを思い、暴走する。
八重さんの姿を見ていてもつらいです。

ついに白虎隊も登場しました。
悲劇を知っているだけあって…。

今回は見ていてつらいことばかり。

ジブリ声優

今朝のZIPを見ていたら、噂どおり西島さんがジブリ最新作の『風立ちぬ』で主人公の友人役の声優を務めたと発表がありました!
西島さんの声が大好きなので、うれしいです。
どうせなら、主役が良かったけど(笑)
今回の発表は、ヒロイン発表がメインなので扱いが小さいから、西島さんのアフレコ風景が見えなくて残念。
そもそも、アフレコ風景を見せてくれるのかわからないけどσ(^_^;
来月の公開が楽しみ!
ジブリって、ポニョ以来だなぁ~

で、今週の八重の桜。
まだ、見てません(>_<)
日曜日まで、見られれば良いけど…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。