Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重の桜 第二十一回

今回、覚馬さんの出番は少なかったですね。
メインは鳥羽伏見の戦いですから、幽閉されてしまった覚馬さんに出番が少ないのは仕方ないですが。

今回のメインはやっぱり修理ですね。
優秀な人なのに、敗戦の責任を取らされて自決とは…。
死んで責任を取るなんて、死んだら何もならないのに、と思うのは現代人の感覚でしょうか。

容保も徳川慶喜に振り回されて、結果会津ばかりに非難が集中してしまっているように思えるんですが。
何とかならないものなのかと思いながら見ていました。

さて、山本家ですが、来週は三郎の戦死の報が届くようですね。
三郎も偉大な兄と姉に隠れて目立たない存在でしたが、最後まで活躍できずに無念だったでしょう。
その無念さを八重さんが代りに晴らすのかな。

何とも停滞気味の大河。
私の中では、早く明治が始まらないかと思いながら見てしまっています。

スポンサーサイト

Boss [5/28 拍手御礼追加]

私の好きなCMの一つに大森南朋さんの缶コーヒーBossのCMがあるんですが、それに西島さんが新キャラとして登場していたんですね。
今、そのCMに遭遇して画面に釘付けです。
このCM、大森南朋さん演じる良い人が良いことをしようとして失敗し、その場面をなぜかいつも橋本愛ちゃんが冷たい目を向けて見ているという面白さ。

西島さんが登場するCMは、大森南朋さんが良い人として会社を辞めようとする後輩を引き留めるのに、辞めたほうが良いと冷たく言う西島さん。
ブラックコーヒーの宣伝らしく、ブラックな役柄の西島さん。
何だかジェネラルみたいじゃないですか(*´▽`*)
スーツにも萌えるわー(笑)
このCM、ドラマで見たいな。

------------------------------
拍手御礼です。

nicosmileさん
おひさしぶりです。 コメントありがとうございます。
私も大河は停滞気味ですが、なんとか次の週までは見るようにして、消化してます…。
私は、たまに仕事中に缶コーヒーを飲みますが、カフェラテとかミルクが多いものしか飲まないので、この商品に貢献できなさそうです(笑)

Category : CM

八重の桜 第二十回

ついに始まった鳥羽・伏見の戦い。
この先にあるのは会津戦争。ついに前半のクライマックスがやってきますね。

鳥羽・伏見の戦いでは、新政府軍の新しい兵器の前に無残にも散っていく幕府軍。
負け戦になろうとも戦う会津藩・新撰組の面々は、戦うことで幕府への忠誠を表しているんでしょうか。
現代の感覚でいうと、負け戦になる前に新政府軍に取り込まれたほうが実害は少ないような気がしますが、やはりそこは矜持を守るということなんでしょうか。

そして、覚馬さん。
久しぶりに覚馬さんがカッコイイと思いました(笑)
目の病を患っているのにも関わらず、戦を止めさせようと走る覚馬さん。
新政府軍に捕らわれてしまいますが、その直前突き進んでいく覚馬さんがかっこ良かった。
名前のごとく、馬のように突っ走る。かっこええ~。

でも、もう幽閉されてしまっているので、動きのある覚馬さんを見られる機会は無いんでしょうか…。

八重の桜 第十九回

とうとう、大政奉還。
来週から戊辰戦争が始まるんですね。
会津が平和で居られるのは、もうあと少ししか残っていないのか。

覚馬さんたち会津藩は、完全に新政府から切り落とされてしまい、一体何になぜということでしょうか。
ただ幕府に仕えていただけなのに、というのが心情でしょうか。
そう考えると新撰組の方々も、不憫ですね。

そして、覚馬さん。
小田時栄さん登場です。
史実でのお二人も相当な年齢差があったようですが、実際に西島さんと谷村さんが並ぶと年齢差を感じちゃいますね。
ネタバレになってしまうかもしれませんが
後に覚馬さんが生きていると知って京都にやってきた八重さんが覚馬さんと時栄さんの姿を見て驚いたということですが、そりゃ驚くわ!って思います。

八重の桜も前半のクライマックスが近づいてきて、少し面白くなってきたように感じます。
やっぱり、主役が物語の中心となる出来事に絡んでいないというのは、面白さを半減させていたように思えるので、今後会津戦争で八重さん視点が増えると、また面白くなってくるかな。

八重の桜 第十八回

いよいよ、来週が大政奉還なんですね。
時代は倒幕へ流れていく中、徳川幕府に仕えてきた会津藩は益々苦しい立場ですね。
かつては佐久間象山先生の下で学んだ仲間だったはずなのに、今は敵対する間柄になってしまい、昨日の仲間は今日の敵というのが幕末なんでしょうかね。
市中で西郷さんを見たときの覚馬さんの表情。
一体なぜ幕府を倒そうとするのかと西郷さんを追う、覚馬さん。
かつては同じように未来を描いていたのにと思うと、苦しい気持ちでいっぱいになります。

そして、覚馬さんの目は失明寸前なんですね。
幕府の衰えとともに、覚馬さんから光が失われ行くとは。
来週は襲われてしまい、後妻となる女性との出会いとなるわけですよね。
会津でみねを必死に育てながら待つうらさんのことを思うと、つらいなぁ。
のちに、昼ドラか!って思わせる展開も待っていることだし…。

ダブルフェイス ~潜入捜査編・偽装警察編~ [DVD] [5/14 拍手御礼追加]

ダブルフェイス ~潜入捜査編・偽装警察編~ [DVD]ダブルフェイス ~潜入捜査編・偽装警察編~ [DVD]
(2013/05/03)
西島秀俊、香川照之 他

商品詳細を見る

注文していたことを、さっぱりと忘れていましたが(笑)
「ダブルフェイス」のDVDが届きました。

さっそく本編じゃなくて…特典映像を拝見!!
特典映像は、ナビ番組、スポット集、ロールナンバーカチンコ集でした。

ナビ番組は、TBSで潜入捜査編が放映される当日に放送されたナビ番組でしたね。
ナビ番組は見ていたので、未見の映像はなかったような。
印象的なのは、西島さんと香川さんの対談。
香川さんが西島さんの笑顔が可愛いって言うから、照れてしまった西島さんからはじまり、テイク100回をやるくらいだったり辛い現場のほうが良いというかなりMな(笑)西島さん。
厳しい現場を体験するからこそ、経験の積み重ねで良い演技が出来るという役者論を語る香川さんに頷く西島さん。
興味深いです。

そして、カチンコ集。
カチンコって、シーンの始まりにやるあのカチンコですが、それを役者さんたちがやっているんですよね。
しかも、かなり茶目っ気たっぷり。
ドラマ自体は、かなり緊張感あって、笑える場面なんて皆無だったんですが、このカチンコ集は思わず笑ってしまうようなものばかり。
西島さんはもちろん笑顔ですが、香川さんや伊藤敦史さんはかなり変顔してますし、ドラマの中では強面だった小日向さんも普段の優しい笑顔。
特典映像の中では一番見ものかもしれないですね。

さて、本編ですが…。
かなり切なくやりきれない内容なので、精神状態の良いときにじっくりと見たいと思います(笑)

-------------------------------------
拍手御礼です。

メイさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
私も当初は、WOWOW加入しているし、録画できているから買わなくて良いかなぁなんて思っていたんですが、思わず特典映像に釣られてポチっとしてしまいました。
特典映像は、それほど多くはないですし、半分はナビ番組なので、ファンなら買うべし!というほどではないです。
そう思うのもファン失格かもしれませんが(笑)
静岡では、ジェネラル再放送ですか!良いですね!
私はジェネラルからファンになり、ジェネラルが始めて購入したドラマDVDでした。
DVD持っているので見たいときに見れますが、やっぱりテレビで放映していると違いますね。
フジテレビでも再放送してくれれば、良いのに。

八重の桜 第十七回

ゴールデンウイークになり、つい更新が延滞してしまいましたσ(^_^;

今回の八重の桜は、覚馬さんが長崎に行ってきましたね。
長崎での出会いが、のちの覚馬さんの人脈になるそうですが、それはもうしばらく後ですかね。
そして、今回八重さんに、贈ったスペンサー銃。
この銃で会津戦争を戦うことになるとは。
江戸の終わりがすぐそこなんだなぁと感じます。

覚馬さんが、成長した娘を見たいけれど、殿が会津に帰らないなら、帰れないという気持ち。
失明すると言われながらも、まだ目は保つだろうと言う前向きな覚馬さん。
先のことを知っているだけあって、そんなセリフを聞くと切ないです(ノД`)

さて、今回一番気になったのは、覚馬さんの髪型!
今まで月代だったのに、長崎に行ったら総髪になってますよ。
月日の流れを演出したのかな?
でも、同行してた修理はそのままだったけどなぁ。
私は、総髪のほうが好きなので良いですが(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。