Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Birthday 2012 [4/3 拍手御礼追加]

happybirthday2012.jpg


゚・*:.。. .。.:*・゜Happy★Birthdyヽ((◎´∀`◎))ノ゚・

今日は西島さんの41回目のお誕生日。

今日は西島さんはどんな風に過ごすんでしょう?
映画の撮影かな?
それとも、また一人で映画ですか(笑)

この1年も健康には気をつけて、私たちに素晴らしい作品を見せていただければと思います♪

この絵は、先日のメンズクラブから。
西島さんの顔を描くより、ジャケットを描くほうに夢中になってしまいました(笑)
そして、毎度のごとく西島さんってちょっとバランスを崩しただけで別人になってしまう難しさ。
あのお顔は、すばらしいバランスで出来ているんだと、描くたびに思います。

-------------------------------------
拍手お礼です。
nicosmileさん
はじめまして。
ストロベリーナイト放映から菊田効果なのか、カウンターが回りっぱなしで恐縮してます(笑)

スポンサーサイト

日本映画magazine ハーメルン現場レポ

日本映画magazine Vol.25 (OAK MOOK 424)日本映画magazine Vol.25 (OAK MOOK 424)
(2012/03/28)
不明

商品詳細を見る

今日発売の日本映画magazine。
撮影が再開した「ハーメルン」の現場レポートが載ってます!
倍賞千恵子さんとの共演に緊張したという西島さん。
その現場では、折鶴が出てくるんですが、西島さんは演じる役柄と同じく折鶴が折れないんだとか。

また、「セイジ」の完成披露試写会と初日舞台挨拶のレポートも載ってます!

高崎映画祭 授賞式

昨日、高崎映画祭の授賞式がありましたね。
西島さんは、最優秀主演男優賞受賞

オメデト(^0^)∠※PAN!。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*

「CUT」も特別賞を受賞し、授賞式にはナデリ監督も出席。

各新聞の授賞式の写真を見ると、受賞者全員で高崎名物のだるまを持った写真。
ナデリ監督は高々とだるまを掲げ、それを見て西島さんも笑顔!
良い笑顔ですね~

西島さんは、いつもどおりの黒スーツ。
もう、西島さんにとって黒スーツは戦闘服みたいですね。

ストロベリーナイト 第11話

「ソウルケイジ」の完結編であり、連ドラ「ストロベリーナイト」の最終回。
事件の真相のほうは、先週の流れもあって、何となく予想できましたが、連ドラとしてどう終わらせるのかなと思ってました。
たぶん、次があるような終わりをして、SPか映画でもするんじゃないかと。フジテレビだし。
って思っていたら、その通りでしたね。

で、「ソウルケイジ」ですが、「めざまし」で西島さんが高岡を演じてみたかったというほど、良い役だった高岡さん。
正直、人のために自分の左手を切って、命を落とすことなんてできるのだろうかと。
西島さんつながりで、「セイジ」を思わせる。
「セイジ」のほうが、本人が痛みを感じる表情をしていないので、まだマシでしたが
こちらは左手を切り落とす場面は、見ていられない。
腕に針金を巻きつけて、タオルをかみながらなんて、リアルすぎる…。

自分の最愛の人のために死ねるというのは、高岡さんにとって幸せだったのかな。
保さんが「生きていたい」と言っていた回想にあるように、本当は高岡さんも実の息子の回復を生きながら見たかったんだろうな。
けど、それが難しいからこそ、自分が出来る限りのことをした。それが別人になること。
結局、高岡さんは実の息子の回復を見ることはできないし、耕介くんの行く末も見守ることができない。
けど、自分が行ったことで、全員が救えたかもしれないと思いながら死んでいった。
そう考えると、切ないですね。

こんなにも深い愛情を持っている高岡さんは、やっぱり生きるべきだったよ。
最初の交通事故が無ければ…。

そして、菊田と姫川さん。
正直、「ソウルケイジ」では刑事・菊田の活躍は、日下さんの影に隠れてました。
途中、日下さんの心の内が見えてからは、日下さんに惚れてしまうんじゃないかと(笑)

それでも、菊田はここぞ!っとばかりに見せ場がありますね。
前の姫川さんを待っていて抱きしめる場面とか。
今回も、頭をぐしゃぐしゃって。姫川さんを待っている菊田の姿が男前すぎる(*/∇\*) キャ
そして、二人で食事に行くところで終わり。
なんという、消化不良な終わり方!!!
せめて、二人が食事するところで終わればよかったのに。
姫川さんが電話する菊田の横顔を見て、「はっ」という表情になっていましたが、あの意味は何ですかね?
菊田のことを、部下ではなく、一人の男として意識したのかな?
それだったら、前の抱きしめたときはどうだったのかって思うんですけどね。
まあ、二人の行く末は映画でってことですか(o´д`o)=3

また、ガンテツと葉山。
ガンテツが葉山の過去の事件を知っているのは、ガンテツが元公安の刑事で、相手の弱みを握り自分の手柄立てるような人だから、十分ありえることですが。
最後のバーで葉山がいることを見越して現れたガンテツ。
どういう意味があるんですかね。
ガンテツが葉山の弱みを握って何か得をすることが今後あるのだろうか。
これも、続きは映画でってこと(o´д`o)=3

そう思うと、消化不良な感じで、ちょっとイラって(っ`Д´)っ・しますが(笑)
欲を言えば、SPドラマで良かったんじゃない?収益性はないけどさ。
今まで無料なのに、これから有料ですというやり方に納得できない人は多いと思いますが。
まあ、映画が公開されるまで、楽しみに待ちますかね。

ストロベリーナイト 映画化

あー、こうきたかーっという感じですね。
最終回が終わって、何となく次があるような感じがしましたが。
ここ最近の傾向から映画化にし易そうな題材なので、映画化はあるかもって思ってました。

撮影がいつなのか、公開がいつなのかは分かりませんが、来年あたり公開予定ですかね。
私は原作を読んでいないので、どの話が映画化されるかわかりませんが、映画化は嬉しいですね。
ドラマで毎週菊田を見ていて、もう少し西島さんが演じる菊田が見たいなぁ、最終回で姫川さんと菊田の関係が少ししか進まなかった消化不良感があったので、それが映画で見れるなら楽しみです。
ドラマだと回によっては、演出が異なって話の面白さにムラがあるので、しっかしとした脚本で見せてくれるなら期待します。

一緒に書きますが、今朝のめざまし。
スウィーツ男子な西島さんに朝から大爆笑でした!!
西島さんなら女子ばかりいるお店にスマートに入ってスウィーツ買って居そうですね。
ストロベリーナイトのスタッフブログなどでも、いつも美味しそうな差し入れをしていた西島さん。
調べて買ってきていたんですね。
その姿を想像するだけで(●´艸`)フ゛ハッ

そして、菊田人気が恐ろしいという竹内さん。
きっと、映画では菊田と姫川さんの間に何かがあって、菊田ファンに姫川さんは戦々恐々とするからなんですかね。
私は、何かあったほうがスッキリするので良いけどなぁ~

ソウルケイジの感想は、また明日書きます!

夜のとばりの物語 予告編

西島さんが吹き替えを担当したアニメ「夜のとばりの物語」の予告編です。
西島さんの声も聞けます!
ささやくような声、良いですね~

アニメの映像も綺麗!

誘拐

(仮)ドラマW 誘拐 [DVD]
(仮)ドラマW 誘拐 [DVD](2012/06/06)
三上博史、西島秀俊 他
商品詳細を見る

この上の写真。銃を構える西島さん、かっこいいですね!!!
2009年にWOWOWで放送されていたドラマがDVD化だそうです。

このドラマ見たかったので、買っちゃおうかなぁ~。
特典映像もあるようなので。

ストロベリーナイト 第10話

「ソウルケイジ」のテーマって、親子の関係があるんですかね。
原作は読んでいないんですが、この話には親子の話がいくつかありますね。

まず、左手首だけ発見された高岡さん。
実は自殺した高岡さんと入れ替わっていたと判明。
その理由は、交通事故を起こし妻を亡くし、息子を植物状態にさせてしまい、多額の医療費のために自殺を偽って保険金を手に入れた。
利害が一致したため自殺した高岡さんのふりをしていた。
そして、この入れ替わりに関わっていた暴力団絡みの人が行方不明。
ラストで姫川さんが気付いた重要なことというのは、犯人は偽者の高岡さん。
じゃあ、左手首は誰のもの???

そして、この物語に描かれるもう一つの親子は姫川さん。
過去の暴行事件を自分のせいだと責める母親。そのために、過剰なほどに娘の幸せを願う。
姫川さんは放っておいてほしいのに、放っておいてくれない母親にイライラ。
何だか、姫川さんって高校生のまま親子関係が止まってしまっているようですね。
母親の病気を機に関係が変われるんでしょうか。

また、今回は日下さんのことが深く描かれてますね。
ガンテツも登場して豪華な回?(笑)
日下さんって強面なので全く生活感がありませんが、菊田に語った夫婦や家族についてのことで、日下さんの家族が見えましたね。
この菊田に家族について語っているシーンが良かった。
刑事だけれど、家に帰れば夫であり、父親であり。
また、ガンテツの下にいたという過去から、勘に頼るのではなく、確実な証拠を持って動くという几帳面な捜査をするようになった経緯。
前回の姫川さんへの思いも知って、私の中の日下さんの好感度はかなり上がってます(笑)

で、菊田と姫川さんですが。
まー、じれったい(笑)
予告で、菊田が姫川さんの頭をぐちゃっとしている場面がありましたが、あれはどういうこと?
で、噂のシーンはあるのか??
思えば、もう最終回なんですねー。
1月からドラマに2本の映画と、かなり楽しいことが続いたんですが、ドラマも終わっちゃうと寂しい限りですね…。

最優秀主演男優賞受賞!

西島さんが高崎映画祭で最優秀主演男優賞を受賞しました
(*・∀・)ノ゙ 。+・。゚:*:。・+。・゚*゚ オメデトォ ♪♪♪♪

受賞作品は「CUT」
「CUT」は特別賞も受賞しているので、3月25日の授賞式はナデリ監督と出席するそうです!

http://www.wind.ne.jp/tff/2012/

ストロベリーナイト 第9話 「3/16 拍手御礼追加]

姫川さんと菊田の距離が一番近くなったと思ったけれど
やっぱり、あの二人は抱き合うまでが限度ですか??現時点では。
翌日の自販機前でのぎこちない態度とか、見ていてイジイジしてきます(笑)

菊田は、姫川さんの過去のことは知らないんですよね。
でも、姫川さんが両親との関係がうまくいっていないことは、うすうす感じているんですかね。
だからこそ、ホテルの前で待っていたのか…。
二人の関係では、菊田のほうが積極的ですね。でも、一応姫川さんのほうが上司にあたるわけで、そこらへんが菊田にブレーキをかけているんでしょうか。

そして、ソウルケイジの話ですが。
冒頭の転落事故の映像は過去のことだったんですね。
時折、フラッシュバックのように過去の映像が入っていったので、濱田岳君演じる耕介君が冒頭の少年だと気付くまで、現在の話なのか過去の話なのかと考えてました。

事件は後半に続きますが、事件に関係する人物たちの思惑がそれぞれ絡んでいそうですね。
一番は、高岡さんは一体何者なのか??
どうして、別人にならなければならなかったのか。
悪い人には見えなさそうですが、どうなんでしょう?

で、なぜ手首だけ??
それも、謎ですね。
手首は、本物の高岡のもので、偽者(石黒賢さん)は生きているってこと?
じゃないと、DNA鑑定がおかしなことになっちゃいますよね。

また、あの土手のシーンは暑そうですね(笑)
夏に撮っていると知っているからじゃないですけど、やっぱり空や太陽の明るさが冬じゃないですね。
だから、暑そうに見える。
ソウルケイジの話は、冬じゃないといけないということがあるんですかね?
やっぱり、冬の話を夏に撮るという無理が映像から見えてしまって。
初めから、冬ドラマだけど舞台は夏ですといったほうが良かったと思う。

------------------------------
拍手御礼です。

きょうちんさん
こんにちは。
やはり、夏に冬設定の撮影は無理がありますよね。
同時代性というますか、放映と撮影を同じ季節にしたかったんでしょうけど。
今までの話を見る限り、冬である必要はなさそうですから、夏でも良かったのになぁと思います。
来週火曜の「めざまし」は、ばっちり予約してあります。「いいとも」も出るのかな?
こんなブログですが、見ていただいてありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。

アニメ初挑戦

最近、「セイジ」と「CUT」の話題も落ち着いてきて、少し寂しくなってきたところですが
なんと、西島さんがアニメ初挑戦という話を聞きました!

「夜のとばりの物語」で日本語版の吹き替えをするそうです。
http://www.ghibli-museum.jp/yorutoba/

吹き替えとなると、普段の西島さんの話し方とは違った声が聞けそうですね。
西島さんの癒しボイスが聞けるのか、それとも違った声が聞けるのか。
楽しみが増えました!

公開は今年の6月。
「ストロベリーナイト」が終わって、ちょっと寂しくなってきたころの公開ですね。
良いタイミング(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。