Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロベリーナイト 第8話

今回の話を見ていて思い出したのは、最近読んだ伊坂幸太郎の「モダンタイムス」。
この作品には、ナチス時代にユダヤ人の強制収容の指揮にあたったアイヒマンの話が出てくる。
アイヒマンは戦後の裁判で自分はただ命令に従っただけと答える。
作業を分担すると、それぞれの責任の割合は少なくなる。
ある人は部品を作り、ある人はその部品を組み立てる、ある人は完成した製品を運び、ある人は渡された製品で人を殺す。
最初の人が部品を作らなければ、次の人が部品を組み立てなければ、誰かがどこかで罪の意識を感じ自分の仕事を止めれば、最終的に殺人は行われなかったのかもしれない。
だけど、一人ひとりの作業は分断され、最初の人は自分の仕事によって人が殺されるとは知らないかもしれない。
また、たとえ知っていたとしても直接自分が手を下さないので、罪の意識は感じない、もしくは低いのかもしれない。
そして、全員命令に従っただけであると答える。皆機械的に作業をこなしただけ。

今回のストロベリーナイトに出てきた殺し屋。
彼は、最終的に罪の意識を感じて自殺した。
彼は、おそらく暴力団から命令された殺人も初めの頃は機械的に行っていたのかもしれない。
そして、その機械的な作業に慣れてきたのかもしれない。
けれど、彼は機械になりきれなかった。
そんな時に、機械になる自分を止めてくれる女性に出会った。
人間に戻れると思ったけれど、それが無理だったから自殺した。
彼は、13人もの人間を殺した殺人者であるけれど、非常に繊細な人だったのかな。
繊細だからこそ、自分を守るために相手を傷つけていたとしたら、悲しいですね。

その悲哀が出ていたのは、やはり木村多江さんが演じていたからですかね。
姫川さんとの取調べのシーン、小さな声でボゾボソ話すその声のか弱さ。
さすがです。

また、日下さん。
日下さんは、姫川さんが勘を頼りに突っ走る姿を見ていてヒヤヒヤしていると。
過去に、勘に頼って失敗したこともあるんですかね?
最後、姫川さんが日下さんに「大嫌い」と言っていたのは、ちょっと大人気ないですね。

最後に菊田!
今回は、井岡だったり、日下だったりと濃いメンバーが揃っていたので影が若干薄かった?
でも、何気なく姫川さんにタバコを差し入れたりと、菊田の優しさが見えましたね。
次回予告で、ついに菊田が姫川さんを抱きしめる場面がありましたが、今までの伏線がようやく実になるのかな?

スポンサーサイト

MORE

MORE (モア) 2012年 04月号 [雑誌]MORE (モア) 2012年 04月号 [雑誌]
(2012/02/28)
不明

商品詳細を見る

今日、たまたま買ったMOREにも西島さんのインタビューが載っていて、何だか得した気分!
良く見たら表紙に「西島秀俊」って文字がありましたね。

インタビューには、ストロベリーナイトの現場では、甘い物が多くて、専用の特等席を用意されチョコレートフォンデュとかしていたという西島さん(笑)
自分が20代の時の40代の役者さんは、こんな子供っぽくなかったはずなので、もう少し責任を持ちたいとか…。
チョコフォンデュをしている西島さんを想像したら、(●´艸`)フ゛ハッ

さて、これからストロベリーナイト!!菊田!!

火曜サプライズは、「これだけ?」ってぐらい短くて、がっかり(* _ω_)...

セイジ -陸の魚-

KIMG0099_20120226223405.jpg
見てきたのは、ちょっと前なんですが、どう感想を書いて良いのかと考えているうちに日が経ってしまいました。

セイジは、監督もインタビューで言っていましたが、さまざまな年齢の人や境遇によって見方が変わる映画ですね。

以下はネタバレが含まれます。長いです。

BEAUTY TALK3

昨夜のラジオ。

西島さんのラストインタビューでした。
簡単に質問内容をメモっておきます。

質問1:やりたいという役はどういう風に選択してしているのか?
仕事は、いつもマネージャーが判断している。
マネージャーは西島さんよりも西島さんのことをよく分かっていて、普段から何を今考えてくるのかすごく聞いてくるし、逆にマネージャーから色んな人たちが何年も前からオファーをくれていると聞いていて、西島さんは縁で仕事をしているという実感があると思っているそうです。
西島さんが仕事をするときは、誰か監督だったりプロデューサーだったり、脚本家の方だったりが何か理由があって呼んでくださっていて、それを確認できるとどんな本だったり役もできる。
そういう風に仕事をしているそうです。

質問2:これからはどんな役をやってみたい?
西島さんは、ずっとアクションをやってみたいですと言っています。(笑)
また、40歳になったので、ずっと20代、30代のときから40代に早くなりたいと思っていて、40になってやっと大きな作品のちゃんと人間を演じることをできるのではと思っている。
そういうことを夢見て20代、30代を過ごしていたので、きちっとした人間を描いた作品にチャレンジしていきたい。
それは、歴史上の人物だったり、よりヒューマンだったり、人間の洞察を深めているような作品に参加したいと思っているそうです。

質問3:仕事大好きですよね?
大好きです!大好きですと、今までよりもはっきり大きな声で答えて大爆笑な西島さん。
仕事大好きな西島さんは、事務所にとっては嬉しい限りですよね、休みくれーとは言わないですよねっと聞かれて。
マネージャーのほうが大変ですよ。真っ青になったりしているので、頭が下がります(笑)と。

質問4:西島さんが日ごろ目標にしていること、モットーは?
今、自分が正しいと思っていることは、間違っていると思っているし、そういう風に思える体験をしたい。
今、正しいと思えるのは、状況がそう見せているだけで、きっと違うのだ。
もっともっと、広い視野を持ちたいと思っている。

最後に思ったよりもしゃべれたので(笑)もう一度呼んでくださいという西島さん。

最後の質問で、答えていた自分の正しいことは間違っていると思っている。
これって難しいですよー。
でも、映画を見て新しい価値観に出会って変わるということ、西島さんが言う広い視野というのも映画によって新しい世界を見れるということを言っているのかな?

西島さんのアクションは、殺陣が見てみたいですね。
これこそ、歴史上の人物で。大河とかも主役じゃなくて良いから、良い味のある脇役で見てみたいかも。

また、ラジオに出てほしいですね。
西島ボイスを聞けるのは良いですね。
夜なので、たまに眠気を誘いますが(笑)西島ボイスで癒されます。

映画な仲間たち

「セイジ」のインタビュー動画を見つけました。
男三人の愉快なインタビューです(笑)

FLYING POSTMAN PRESS

KIMG0107.jpg
今話題の黒木メイサちゃん(笑)が表紙のフリーペーパー、FLYING POSTMAN PRESS

KIMG0108.jpg

こちらに西島さんと伊勢谷監督のインタビューが載っています。
モノクロ写真に伊勢谷監督と西島さん。
めちゃくちゃカッコイイ(●´Д`●)

そして、インタビューの内容は相変わらず映画狂が垣間見える西島さん(笑)

MEN'S CLUB

MEN\'S CLUB (メンズクラブ) 2012年 04月号 [雑誌]MEN\'S CLUB (メンズクラブ) 2012年 04月号 [雑誌]
(2012/02/24)
不明

商品詳細を見る

MEN'S CLUB やばい~~~(≧∇≦)キャー♪

男性ファッション誌で、しかも対象年齢が自分よりも上なファッション誌なので、買いづらいんですが、これはいい!

西島さんが表紙っていうのもあるけど、内容がイイ!!
表紙の写真も素敵ですが、普段スーツが多い西島さんがカジュアルな格好しているし、紙質もいい。
モデルな西島、素敵だ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・

インタビューでは、菊田のスーツが大きめなのは、菊田の実直さを表現したかったという西島さんの要望らしい((φ(・д・。)ホォホォ

SWITCH

SWITCH Vol.30 No.3(2012年3月号) 特集:映画人の巧みな企画術SWITCH Vol.30 No.3(2012年3月号) 特集:映画人の巧みな企画術
(2012/02/20)
新井敏記

商品詳細を見る


SWITCHでは、伊勢谷監督、西島さん、森山君、新井さんの4人のインタビュー。
「セイジ」に関して、新井さんのインタビューを読むのは初めてなので、4人それぞれの立場からみた「セイジ」については、読み応えありですね。

発売は月曜日でしたが、手に入れたのは今日と遅れました。
理由は、SWITCHのサイトから購入したから!
本当は、書店で買う予定でしたが、サイトから予約するとポスターをもらえると知ったので。

KIMG01050_20120223221827.jpg

サイズはA2ぐらいのポスターでした。
梱包していたので、折れ目が付いているのが残念ですが、これは部屋に飾れそう~

麦のごちそう 発表会 [2012/04/25 拍手御礼追加]

昨日、新しいCMの『麦のごちそう』の発表会があったんですね。
発表会の模様を見ると、相変わらず西島さんは良い笑顔( ^∀^)

CMでは、夫婦という設定なので、結婚相手の質問とかされてましたねー。
西島さんは、仕事中毒だから良いお父さんになれないと言ってますが、そんなことないと思うなー。
映画やドラマでのメイキングなどで子役の子と遊んだりしているところを見ると、子煩悩なパパになりそうだけど。
ま、家事をするよりも映画を見たいと言っていたので、子供よりも映画ってなりそうな気もします(笑)

CMは、昨日からオンエアなんですよね。
まだ、見ていないんですが(´Д⊂

-------------------------------------
拍手御礼です。

nicosmileさん
私は、普段あまりテレビを見ないので、中々CMに遭遇しません。
でも、たまに遭遇すると、思わず見入ってしまいます。
こういう夫婦素敵ですよね。
私もお酒が飲めないので、こういう夫婦には将来的にもなれそうにありませんが(笑)

Category : CM

ストロベリーナイト 第7話

木村 多江さんって薄幸な女性が似合いますね~

「悪しき実」は、今まで中で一番推理させる面白さがある物語だなって思いました。
2つの事件がどう関連していくのか、木村多江さん演じる春川美津代は、何をしたのか、どうして逃げているのか?
色々想像できて、面白いですね。

特に、日下だったり、井岡だったりと、姫川班だけじゃない濃いメンバーが出てきているところも面白さの要素のひとつかも。
顔に似合わず几帳面な日下だったり、姫川のことを「玲子ちゃん」と呼び、付きまとう?井岡。
この二人がコンビを組むなんて、漫才みたいです(笑)
ここにガンテツが揃ったら、濃すぎますね。

そして、さらに姫川と菊田の微妙な関係も。
國奥先生のところに二人で行ったとき、國奥先生が姫川さんにプロポーズしたとか言うから、菊田が気になっちゃったり。
寝ている姫川さんに毛布をかける場面も。
なんだか、じれったい(笑)
でも、二人がくっつくのは、刑事ドラマとしての面白みが欠けてしまうと思うので、今のままで良いかも(*´-ω-`)

菊田といえば、今回はパチンコですね。
西島さん本人だとパチンコは似合わないですけど、菊田だと似合ってしまう不思議。
目のギラギラ感が違うからかな?
そして、國奥先生のところで、マカロンに手を出して食べられなかった時。
マカロンを食べられなかった腹いせのように板チョコまるかぶりって、菊田も甘いもの好きなんですね。
板チョコまるかぶりは、前にもあったし、なんていったて苺オレですからね(笑)

火曜サプライズ

期待していたより、短かったですね。
西島さんは、最初から登場していたなかったし。
最初、西島さんが居なかったので、拍子抜けしちゃいました。

それでも、パクパクとパンケーキを頬張る西島さん!
なんだか、かわいい~

そして、パンケーキおいしそう゜*。(*´Д`)。*°

すっかり、酔っ払いになってしまった伊勢谷監督。
番組なのに番組とは思えない自由っぷり(笑)
森山くんは、そんな伊勢谷監督に隠れて静かでしたねσ(´~`*)

西島さんが登場してからのお話は、何度も聞いている話ばかりで、ちょっと残念。
おいしそうな食べ物やお菓子を睨む西島さんだったり、板チョコな体の話。
撮影裏話ってもっとあると思うんだけど、テレビで話して受けるのは、こういう話なのかな。

で、来週も続きがあるので、来週に期待したいと思います。

PON

今日の日テレ「PON」で「セイジ」の舞台挨拶の模様と、その後にインタビューがありました。
5分も満たないインタビューですが、良い!
今回は、伊勢谷監督、西島さん、新井さんの3名です。

映画の見所は、伊勢谷監督が言うには板チョコのような西島さんの体(笑)
「あしたのジョー」で絞った伊勢谷監督は、誰よりも良い体をしていると自負していたのに、西島さんの体を見たら、負けたと思ったと。

ミステリアスな店主セイジにちなんで、3人の中でミステリアスなのは誰かという質問には、全員一致で西島さん!
伊勢谷監督は「どのドラマ出ていてもこの人は絶対におかしい」と思っていたらしい。
じゃなかったら「セイジ」はできない。
そして、「やっぱりド変態」
KIMG0097.jpg

現場で誰とも話さず、ふわ~~と来て、お菓子の前でぼーっとしてるって伊勢谷監督に言われてしまった西島さん。
絞っていてお腹が空いていたからって弁明してます(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。