Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FREECELL

FREECELL特別号  表紙巻頭総力特集 ST☆RISH  62484‐18 (FREECELL)FREECELL特別号 表紙巻頭総力特集 ST☆RISH 62484‐18 (FREECELL)
(2012/01/31)
著訳編者表示なし

商品詳細を見る

こちらにも「セイジ」の西島さん、伊勢谷監督、森山君のインタビューがあります。

が、またしても買いにくい表紙(笑)立ち読みするのも恥ずかしい。
しかも、値段が高い!!
本屋さんで買うかどうか迷って、結局本屋に置いていきました(´Д`。)

でも、インタビューと写真で結構ページがあるんだよなぁ~
これで、2ページぐらいなら買わない決心が付くんだけど…。

買うとしてもアマゾンで、ぽちっとなかな。

スポンサーサイト

プラスアクト

+act. (プラスアクト)―visual movie magazine 2012年 3月号+act. (プラスアクト)―visual movie magazine 2012年 3月号
(2012/01/27)
不明

商品詳細を見る


西島さんの雑誌攻勢の2弾目は、プラスアクト。

今回は西島さん単独のインタビュー。
写真の西島さんの雰囲気が穏やかだなって思っていたら、次のページにあるインタビューでインタビュアもそう思っていたみたい。
それが、映画の中の雰囲気と違って別人みたいだと。

興味深かったのは、伊勢谷監督のインタビュー。

私は丁度、原作を読み終わったので、主人公を神格化するところとか、神格化するわりにはセイジがしゃべりすぎなところとかに違和感があるまま読み終わり。
そういう違和感が、監督の原作に対する思いに共感するところがあって、そうそうと相槌を打ちそうに(笑)

そして、伊勢谷監督の西島さんに対するイメージもドンピシャです。
西島さんは、見た目もすごく普通というか標準的なのに変というところが、良いと。
私もそう思います(笑)

日本映画magazine

日本映画magazine Vol.24 (OAK MOOK 416)日本映画magazine Vol.24 (OAK MOOK 416)
(2012/01/26)
不明

商品詳細を見る


今日発売の日本映画magazine。
表紙と巻頭特集が『セイジ』です。

森山くんとのインタビューや西島さん単独のインタビュー。
伊勢谷監督と西島さんの対談等、読みごたえありまくりです。

内容もですが、写真も良い感じです。
私は、伊勢谷監督との対談時の衣装が好きです。
黒のベスト姿の西島さんは、めちゃくちゃ大人の色気ありヽ(*´∀`)ノ

他に、2013年公開予定の「ハーメルン」の新着レポートと、ナデリ監督のインタビューに「CUT」の舞台挨拶イベントのレポートもあります。
西島ファンには、お腹いっぱいになる雑誌です゜*。(*´Д`)。*°

ストロベリーナイト 第3話

タイトルの「右では殴らない」ってどういう意味かなって思っていたけど
姫川さんのことだったのかな?

やっぱり、犯人の一人は例の女子高生でしたね。
姫川さんと女子高生のバトル。
最近の女子高生ってああいう厭世的な考え方なのかな?ドラマだから極端な演出をしているかもしれないけど、ああいう女子高生が居そうだと思えてしまうから、嫌ですね。
最後の姫川さんの殴るのは、やりすぎだとしても、姫川さんによってあの子は目を覚まし、救われましたね。
最後まで悪いままだと救いが無くて、後味の悪い終わり方になっちゃうからね。SPの時みたいに。

そして、ガンテツ。
わざと嫌われ役をやっているのかわかりませんが、殉職した部下の家にプレゼントを隠れて持っていくなんて。
そこの場面が、3話で一番感動しました!

で、菊田。
今回は、思ったほど出番がなかったかな?
とことん笑いをとる井岡と嫌味なガンテツに全部持っていかれたような…。
でも、取調べ室でさり気なく姫川さんを気にしている目。
聞き込み中に相手から営業に向いていると言われて照れているところなんて、西島さんの素じゃないかっていうくらいの照れっぷりでしたね。
この場面が一番ツボでした。

セイジ

セイジ (光文社文庫)セイジ (光文社文庫)
(2008/08/07)
辻内 智貴

商品詳細を見る


昨夜の「日本人は何を考えてきたのか」は、録画してあって未だ見ていません(>0<)
ちらっと見た限りは、中々興味深そうな番組ですね。
時間のあるときにゆっくり考えながら見たい。

そして、話題は変わりますが、来月公開の映画「セイジ 陸の魚」の原作本を書店で発見。

KIMG0067.jpg

なんと、原作の文庫本のカバーの上に、映画の宣伝と思われるカバーがしてありました。
本当は、映画を見てから原作を読もうかなと思っていましたが、このカバーを見て思わず購入。
予告編を公式サイトで見てから、ワクワク度が日増しに高まってしまったので、原作読んでから映画見ようかな。
基本的に私はネタバレ大丈夫なので。

今朝の新聞に

KIMG0055.jpg
今朝、新聞を見ていると西島さんがいました。
22日夜放送のNHK Eテレの「日本人は何を考えてきたのか」の紹介でした。

この写真の西島さん。
どういうシーンなのかわかりませんが、絵画みたいですね。
朝から、見惚れてました(笑)

ストロベリーナイト 第2話

1話より2話のほうが面白かった!
なぜだろう?

井岡の登場で笑いの要素が加わったから?
井岡は、ボケているのか、実は切れ者なのか…という点で他の登場人物には無い面白さがありますね。
今回もカラオケボックスで姫川さんに「歌いますか」っというくだりとか。
姫川さんを巡って菊田のことをライバル視しているところも、他の姫川班にはいないので良いですね。

菊田といえば、パチンコ。
西島さん自身はパチンコしなさそう、というかパチ屋にいない雰囲気を持ってますが、菊田となると違いますね。
そして、元上司の島さんとのお弁当シーン。
ピーマンを人のお弁当にポイしちゃうところとか、ああいう男同士の信頼関係って良いですね。
女性には無い要素かな~

また、ガンテツが登場すると物語に緊迫感というか恐ろしさが加わりますね。
武田さんて白夜行のときもそうだけど、執念深い刑事役が似合うこと!
本当に嫌らしくて、良い感じです(笑)

そして、ストーリーですが。
おそらく、あの医師の娘が偽造カードを使って薬をばら撒いていたのか…。

来週は、菊田のアクションがありそうなので、見物ですね!

とくだね

これからストロベリーナイトですが、今日のとくだねはお宝物でしたね!
仕事から帰ってきては、リピートしまくりです。

まず、映画コーナーから西島さん登場。
映画好きだと小倉さんからも言われたけど、ハリウッドはあんまり見ないのでがんばりますって答えていましたね。
今年のアカデミー賞の受賞予想でも見たい映画は、ハリウッド作品じゃなくてフランスのサイレント映画。
西島さんの好みが出てますねー。

そして、西島さんのコーナー。
やたらと「40歳独身」を強調したコーナー(笑)
見ものは「あすなろ白書」の映像。
私、このドラマは見たことがなかったので、動く松岡君は初めて見ました。
初々しいですねー。
その後に「CUT」の映像だったので、変化がよく分かるけど、そんなに西島さん変わらない感じ?

そして、周囲の人の西島さんの評判。
クリスマスイブに一人で映画鑑賞。
メールには返信しない。
好きな女性のタイプは、怒らない人。目標を持っている人。自分がいなくても楽しめる人。
って、こんなんだから結婚しないんですって笑いながら言っている、西島さん。
西島さんらしさが溢れる評判ばかりで、画面見ながら笑っちゃいました。

さて、これから菊田!!
宇梶さんにタックルしても負けないくらいの菊田を見ましょう(笑)

リアルスコープ

先ほどのリアルスコープ。
竹内さんと一緒に西島さんが好きな回転寿司のネタは何か?というコーナーに出演していましたが。
もう、大爆笑(●´艸`)フ゛ハッ

スタジオの出演者さんたちからも西島さんは「かわいい」を連発されて。
どういう40歳なんだ?って感じですね。

好きなネタは、光物とか大人っぽくいきたいけど、子供の頃から変わらず中トロ。
竹内さんが、ビールを飲みながらって大人っぽく渋く答えているのと正反対。
しかも、大人になったらフラッとすし屋さんに行くと思っていたけど、それができずにいつもテイクアウトって。
西島さんは回転寿司に行った事が無いので、この番組のミニ回転寿司がはじめての回転寿司ということで大波乱!
まさかの、ボタンを押して回転を止めちゃう(●´艸`)フ゛ハッ
それじゃ、回転寿司じゃないってと突っ込まれ、コーナー終了。

西島さんの天然さを十分堪能させていただきましたo(*^▽^*)o

ストロベリーナイト 第1話

待ちに待った。ストロベリーナイトの第1話。

ストーリーは、正直なところイマイチ。
原作は読んでないので、どこまでの設定が原作でオリジナルの部分はどこかは分かりませんが、猟奇的な殺人事件なわりに、犯人逮捕に至る過程が普通のような…。
もう少し、一ひねりあっても良かったような気がする。
映像のグロさだけが残ってしまって、人によっては後味が悪いと思う。
特に動物のシメントリーはね…。

犯人像も、シメントリーの虜になっているような狂気を持った人物なら、もっと狂った犯人像のほうが説得力があったと思う。
ストーカーのような不気味さを加えるとか、徹底的にシメントリーじゃないとダメだというところを加えるとか。
結構すんなり犯人にたどり着いてしまったので、あっけなかったという印象。
2話以降は、もう少し推理を楽しめれば良いな。

で、本題の菊田ですが(笑)
やっぱり、菊田はいいですね。
SPの頃に比べて、姫川さんの絡みが増えたので二人の微妙な関係。
別れ際にお互いの後姿を見つめるとか、菊田がさり気なく姫川さんを見つめるところとか。
今後、二人の関係がどうなっていくのか?

そして、菊田はやっぱり苺オレが好きなのね(笑)
また、ことあるごとにグーパンチ。
菊田の愛情表現なのかな?痛そうだけど。

高崎映画祭

高崎映画祭で西島さんが最優秀主演男優賞を受賞したそうです~
受賞作品は、「CUT」!!

西島さんが魂をこめた作品で受賞するのは嬉しいですね。

おめでとうございます(*・∀・)ノ゙ 。+・。゚:*:。・+。・゚*゚ オメデトォ ♪♪♪♪

また、ナデリ監督と「CUT」製作チームが特別賞を受賞したそうです!!

今日は、朝から西島さんを見れてテンション高かったんですが、仕事が終わって疲れてからこのニュースを聞いて、落ちていたテンションがさらに上がりました!!

めざましの西島さんは、僕スタのころより髪のくるくる感が無くなってますね。
そして、若干眠そう(笑)

さあ、これからストロベリーナイトだぁ♪

夜苺

録画しておいた、夜苺見ました!

内容は、先取りナビをよりパワーアップした感じですかね。

撮影現場の風景は、真夏に秋から冬のシーンの撮影をしているということで、本当に大変そう。
30度を超える真夏に、スーツに時にはコートも着て撮影だなんて。
それでも、役者さんたちは汗もかかずに撮影しているんだからすごい。

西島さんは、犯人逮捕の格闘シーンの撮影秘話がありましたね。
でも、これは先取りナビでもあったかな??

ちょっと気になるのが、菊田のスーツとコート。
スーツはもうちょっと細身のほうが良いのにな~
なんか、ぼたっとしているところが気になる。
コートも色が親父くさい(笑)
刑事の菊田には、おしゃれは必要ないかもしれないけど、なんか残念(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。