Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年を振り返って

2011年の正月、たまたま見たジェネラルのSP。
ながら見をしていたため、ちゃんと見ていなかったけれど、気になってジェネラルの動画を求めネット上をさまよった。
その結果、速水先生に惹かれ、DVDボックスを購入。
1月はずっと、ジェネラルのDVDを見続け、結果西島さんのファンに。

西島さんのファンになったことで、本来見る予定じゃなかった「スクール」も見るようになり
過去の西島さん作品を見るために、DVDをレンタルし、気に入った作品は購入。

西島さんが載っているという理由だけで、普段見ることは無い男性ファッション誌も購入したりと西島さんに関連して本来なら無かった出費をかなりしました(笑)

それでも、自分の心の中に、西島さんという新たに楽しんだり喜んだりできる存在が生ました。
仕事や人間関係で嫌なことがあっても、西島さんの出ている作品を見て、一瞬でも嫌なことを忘れ楽しめたり、元気がもらえるのは、素晴らしいことです。

来年は、「ストロベリーナイト」が始まり、「セイジ」も公開される。
益々、財布の紐は緩くなるかもしれませんが(笑)
西島さんに付いて行きますよー!

それでは、皆さん良い年を!

スポンサーサイト

三年身籠る

三年身籠る [DVD]三年身籠る [DVD]
(2006/11/18)
中島知子、西島秀俊 他

商品詳細を見る


ファンタジーとコメディの要素を持った映画ですね。

妻が妊娠中なのに全く父親になる自覚がない夫は、浮気をしている。
妻は、そんな夫を攻めることもなく、静かに日々を過ごしている。

妊娠して三年経っても生まれない子供。
お腹が大きくなり、車椅子じゃないと移動できなくなってしまうほど。
その頃になって、ようやく夫としての自覚、父親になる自覚が芽生えくる。
でも、三年も身籠っている妻をマスコミが面白おかしく取り上げて、周りの目から逃れるために山荘に行く夫婦。
そして、出産の日を迎える。

西島さんは、父親になる自覚がない夫。
女たらしで、妻が何も言わないことをいいことに浮気をしているダメ夫。
臨月を迎えても出産しないことを妻のせいにしたりする。
だけど、妻がマスコミに取り上げられ奇異の目で見られるようになってきてから、次第に自覚が芽生えて妻を守るようになる。
そのへんの心の機微が良いですね。

妻役のオセロ中島さんは、静かな妻。
個性的な周囲の人々が存在感あるからなのか、主役なのに全く存在感ない。
それは、意図した演出なのかもしれないけど、存在感無さすぎて面白くない。
もう少し、言いたいことを言う人なら、良かったのにな。

僕とスターの99日 最終回

本当に、最後まで王道なラブコメでしたね。

お互いのために別れを選んだけれど、周囲に促され、自転車に乗って旅立つユナの元へ行き
空港で思いを伝えて、結ばれる。
この空港でのシーンの航平の台詞がクサくて、見てられませんでした(笑)
久しぶりに、こんなシーンを見たので、耐性がなくて。

ラストは、それまで敵対していたパパラッチまでも味方にし、全員がハッピーなラストで
ほっとしました。
あっ、でもみっちゃんは、ハッピーなのか…。

中々就職できなさそうな航平までもラストは天文台で働いているところは、ちょっとご都合主義な感じですが…。

で、ラストを迎えてですが…。
このドラマは、自分の中では好きな部類に入らないかなぁ~。
元々、恋愛ドラマがあまり好きじゃないというのと、脚本がベタすぎて…。
毎週、体を張る西島さんを見れただけでも、十分良かったのですが、せっかく見るなら、もうちょっと面白いドラマが見たかったな…。

その点、次のストロベリーナイトには期待します!

先取りナビ #14

ストロベリーナイトの公式ページが新しくなってますね。
相関図を見て、菊田って一軒屋で一人暮らしで家事全般できて、趣味はパチンコって。
キャラ紹介に書くってことは、そういう場面があるってことですか?
エプロンしている菊田を想像しちゃいます(笑)

今日の先取りナビは、シリーズの見所ということで、今まで以上に新しい映像が多いですね。
ラブちゃんも僕スタに続いて登場するようですし。

まずは、1月6日のSPの再放送が楽しみですね!
レジェンドには新撮もあるとか。

東京カレンダー

東京カレンダー 2012年 02月号 [雑誌]東京カレンダー 2012年 02月号 [雑誌]
(2011/12/21)
不明

商品詳細を見る


僕スタ、ついに終わっちゃいましたね。
感想は、また後でということで。

とりあえず、東京カレンダー。
最初は立ち読みだけの予定でしたが、やっぱりこの手の雑誌は写真が良い!
値段がちょい高めなのが痛いけど、素敵な西島さんをお持ち帰り~
「旅する男」良い敬称だなぁ~

CUT

1324458128612.jpg

シネマート新宿で「CUT」見てきました。
見終わった後、ロビーに出るとナデリ監督がいらして、ちょとしたサイン会になってました。
私もサインしてもらいたかったですが、行列になっていたのと、次の予定があったので後ろ髪引かれる思いで劇場を後にしました。
ナデリ監督って大柄なイメージがありましたが、意外と小柄なんですね。
私より背は低かったです。
そして、月曜日には西島さんが劇場に来ていたとか。
私が見た日だったら良かったのに。
でも、もし劇場に西島さんがいたら、映画に集中できなかっただろうな(笑)

で、映画の感想です。
ネタバレは含んでいないつもりですが、まだ見ていない方のために畳んできます。

CASAISM

KIMG0024_convert_20111220201943.jpg

今日は、西島さんネタがいっぱいありまして(笑)
本日3件目の記事です。

今朝、地元の駅のフリーペーパー置き場に西島さんらしき人がいるなーと思って近づくと。
やっぱり、西島さんでした(笑)

KIMG0025-1.jpg

「セイジ」に関連した西島さんの特集が2ページ。
中にも映画に関してのレポートが1ページ。
フリーペーパーだったので、かなりお得感ありありです。

後で調べてみると12月1日から配布されているようです。
毎日利用している駅なのに、なんで今まで気付かなかったんだろう…。

MEMORIES OF VENICE 感想

西島秀俊 PHOTO BOOK 「MEMORIES OF VENICE」西島秀俊 PHOTO BOOK 「MEMORIES OF VENICE」
(2011/12/15)
不明

商品詳細を見る


ようやく届きました、写真集!

内容はベニスの町を観光する西島さんって感じですかね。
どの写真も自然体で、異国なのに街に溶け込んじゃっているのが不思議です。

船の中や街の中で大衆と溶け込んでいる写真を見ると、西島さんは一体どこ?って感じですもん(笑)
また、メガネのカットは2カットありますが、メガネは自前ですよね?
というか、この写真集の衣装は自前じゃないよね・・・一応スタイリストさんがいるようなので。
それくらい、この皺の付いた白シャツとくるぶしの見えた黒いボトムが似合ってる。

そして、ナデリ監督が語る西島さん。
もう、西島さんへの愛に溢れてる。
あと、西島さんと2作品作りたい、「CUT」と合わせて3部作にしたいと。
ぜひ、ぜひ、2作品作ってもらいたいです!

また、西島さんのエッセイ、ジョン・カサヴェテスについての語り。
ここまで熱く語ると見たくなりますね、どれほどの衝撃だったのか。
ツボだったのは、一人称が「私」だということ(笑)

巻末についている、西島さんのフィルモグラフィー。
まだまだ、知らない西島さんがいっぱいいるという再確認になりました。
残念なのは、DVD化していないものが結構あるということですね。

先取りナビ #13

今回の先取りナビは、いよいよ主役の姫川さんの番!

先取りナビもそろそろ終わりですかね。

ドラマの注目は姫川さんのバックですが…一体いくらするんだろう?
白手袋するぐらいだから…。

僕とスターの99日 第9話

昨日の僕スタ。
内容は、まあ・・・というような感じなんですが(笑)

とりあえず、メガネにスーツという三割り増しぐらいかっこよさが上がるツールを付けた航平さんを何度もリピート(笑)
やっぱり、スーツにメガネは良いわぁ~(//∇//) テレテレ
短い時間だったのが残念だったけど。

そして、ゴキを手づかみの航平さん!!
あの後、雑巾がけして、ユナさんと手をつないでいたけど、ちゃんと手は洗ったよね?
そこが、気になって仕方ない。

後、クマに対する断りがあっさりすぎない?
クマは、最初から諦めていたんだと思うけど、あまりにあっさりしすぎて…。

そんなこんなんで、来週で僕スタも最終回ですね。
ストーリーとしては突っ込みたいところが満載なんですが(*´Д`)=3
それでも、毎週西島さんに会える贅沢を味合えただけでも、大収穫。
来週は、航平とユナの結末を見届ける!

あっ、雑誌「CUT」は恥ずかしながら買ってきました(笑)
インタビューは2ページですが、読み応えありますね。
映画俳優としての西島さんの立場。
あくまで自分はアート系の映画を主軸としながら、大衆的な映画やテレビドラマへ挑戦することで俳優として研鑽を磨いていくという考え方。
西島さんのインタビューを読みながら、改めて惚れ直しちゃいました(*/∇\*) キャ

明日、写真集もようやく届くようです。
ベニスの世界に浸るぞー。

CUTといえば

Cut (カット) 2012年 01月号 [雑誌]Cut (カット) 2012年 01月号 [雑誌]
(2011/12/19)
不明

商品詳細を見る


西島さんが「CUT」に出ると聞いたとき、映画ではなくてこの雑誌を思い出しました。
そして、映画「CUT」の上映月に雑誌「CUT」に西島さん登場。
西島さんのインタビューの内容がとても良さそうだし、この手の雑誌は紙質もいいし、写真も良いものが多いから、ぜひ購入したけれど・・・。

どうして、表紙と巻頭特集が「けいおん!」なの!!!!
ものすごく、書店で買いにくい(笑)

とりあえず、19日発売らしいので、店頭で買うかどうかは…。
ポチっとな、しちゃおうかなー。

で、やっぱり今日書店で見た写真集、やっぱり買っておけば良かったと今頃になって思う。
平積みといっても、数冊しかなかったしな…。
明日は行けないし、やっぱりアマゾンで待つか…。

公開初日

今日は、「CUT」の公開初日ですね。
早速、舞台挨拶の様子がいくつか記事になっていますが、どの記事も西島さん感激しっぱなしですね。
映画を愛する西島さんにとっては、同じように映画を愛する監督をはじめとするスタッフと作った映画が公開されることが嬉しいというのが伝わってきます。

インデペンド映画がシネコンで上映されるのは、今は難しいかもしれないけど、西島さんのような役者が広げてくれれば、いずれは可能かもしれないですね。
私は、ミニシアターでこじんまりと観るのも好きですが。

私も早く観に行きたいな~。


早くといえば、写真集が来ない(>_<)
今日、書店に平積みされているのを見て、思わず買いそうになりました。
アマゾン、早く届けてね。
でも、キャンセルして買っちゃおうかな~。
もともと、買いに行く暇がなさそうだから、予約したのに…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。