Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先取りナビ #10

今週の先取りナビは、姫川さんの部下「腐れ縁井岡と頼りの石倉」です。

井岡は、空気が読めないのか姫川さんに絡んでは菊田に叱られているよう。
演じる生瀬さんも独特の濃さがあるので、井岡は面白いキャラクターですね。

そして、石倉さんは姫川班の中で一番まともな人みたい(笑)

こうやって一人ひとり紹介され、インタビューがあると次は菊田かと期待しちゃいますね。

スポンサーサイト

僕とスターの99日 第6話

もう、本当に航平は鈍感だ!っと思って仕方ない6話でした(笑)

ストーリーは、安心の王道展開で…。

ライバルになりそうな、後輩君登場とか
熊出没注意の中、草むらから航平登場とか
足をくじいちゃって、おんぶとか

もう、見ていてたまに恥ずかしくなる(*´∀`*)

で、昨日の話では大和と子供たちのコンビが良かった。
子供に振り回されつつも、スターとしての誇りを失わない大和(笑)
もっと、この絡み増えないかなぁ。

そして、ラブちゃんの登場。
話の流れとして、もうラブちゃんは登場しそうにないけど、西島さんとのツーショットは、速水先生と和泉先生にしか見えない私は、いかにジェネラル中毒かと思いしらされました(笑)
二人で台所に立って洗物しているシーンは、まさに速水先生と和泉先生だと。
まあ、速水先生は絶対に洗物なんてしなさそうだし、ましてや後輩に泡をかけて、はしゃいだりしないだろうけどね…。
久しぶりにジェネラルが見たくなって、僕スタ見た後にジェネラル見ちゃいましたよ。
やっぱり、速水先生は良いね。

と、話がジェネラルに行ってしまいましたが、僕スタも折り返しですね。
来週から12月だし、鈍感な航平たんが見えなくなるのは、寂しいなぁ~

トニー滝谷

トニー滝谷 スタンダード・エディション [DVD]トニー滝谷 スタンダード・エディション [DVD]
(2008/04/23)
イッセー尾形、宮沢りえ 他

商品詳細を見る


生まれながらにして孤独な男は、自分が孤独だということを気にしていない。
だが、愛する女性と結婚し、孤独から解放されると、いつか妻を失い、再び孤独になることを恐れる。
妻との生活が長くなると、その恐怖も忘れていくが、きれいな洋服を見ると買わずにいられないという妻。
その妻も、実は孤独で大量に服を買うことで、自分の心の中にある空洞を埋めているだけなのかと思う。
男は、妻に服を買うのをやめたほうがいいという忠告をし、妻もそれが正論だと分かっているが、やめられない。
そして、服を買いたいという衝動から、無理な運転をし事故死してしまう。

妻が死んだ後残されたのは、再び訪れた孤独と、大量の妻の服。
妻を失くした喪失感から、妻と体型が似ている女性を雇って、妻の服を着てくれと頼むが、その女性は妻の服を前にして泣く。
きれいな服を残して死んでいった妻は、どう思うだろうかと、思って泣いていたのか。
結局、その女性に妻の服を着てもらうことを断る。
そして、妻の服を処分し、クローゼットは空っぽになる。

しばらくして、父が死ぬと、父が残した大量のレコードがクローゼットに納まるが、それも処分し、再び空っぽのクローゼットになる、
空っぽのクローゼットの中で横になる男は、かつて妻の服を前にして泣いていた女性のことを思い出す。
再び自分の孤独を埋めたいと思ったのだろうか。

非常に淡々とした映画で、色彩も薄く、人間味が無い映画。
人間が無機質な物のようなところは、西島さんの語りも一緒で、非常に冷めている。
西島さんの声って、温かみがあるときと、冷めているときがあるけれど、この映画では感情をなくし、ただ単調に語るだけ。
それが、この映画の孤独感に合って、自分まで孤独になっていくような気がする。
そんな西島さんの声がまた素敵でした。

日本映画magazine

日本映画magazine Vol.23 (OAK MOOK 401)日本映画magazine Vol.23 (OAK MOOK 401)
(2011/11/25)
不明

商品詳細を見る


表紙は玉木さんですが、中には西島さんのインタビューがあります。
写真がアップだったり、正面のものもあるので、ちょっと恥ずかしくて直視できない(笑)
西島さんの眼差しが強くて…。

西島さんのインタビューは、「CUT」について。ナデリ監督との出会いの話から、撮影中に人と話をするななどのエピソードについてなど、聞いた話も多かったですね。
驚いたのが、映画では黒澤明監督や小津監督、溝口監督といった日本映画の巨匠と呼ばれる監督の実際のお墓の前で演技したという話。
どういうシーンなんでしょう?

他には、東京国際映画祭での「セイジ」の舞台挨拶の模様や伊勢谷監督のインタビューもあって、読み応えありです。

ジャパンプレミア

昨日、「CUT」のジャパンプレミアがありましたね。
行きたかったなぁ~~~

ニュースを色々見ると、ナデリ監督と常盤さんとの信頼関係、映画への愛が伝わってきますね。
3人で肩を組んでいる写真を見ると、そう思います。


誰かが痛みつけられる作品は、見ていて辛い。
特にそれが好きな俳優さんだと。
でも、西島さんの魂がこもった作品とならば、見ないわけにはいかない!

来月の公開が楽しみだっ!

過去からの日記 [2012/4/16 拍手御礼追加]

今日、お昼に世にも奇妙な物語で西島さんが主演した「過去からの日記」の再放送がありました。
2004年の作品ということで、若干若い西島さん。
西島さんは、売れない小説家という役どころ。真木栗のような感じですね。
ある日、自分の作品が古本屋さんに売られているのを見て、その本を買ったところ、一緒に誰かの日記が挟まっていた。
その日記を見ると、毎日「いいことがありませんでした」と書いてあった。
それをみて、思わず「俺もいいことがありませんでした。」と書くと、日記に「誰が私の日記にいたずらするんですか」と書かれていく。
その相手は、日記の持ち主で今から3年前にいるという病気で入院している少女。
その少女を演じるのが蒼井優ちゃん。
この二人の時空を超えた交流という物語です。
3年という時間差があるから、二人は出会うことができそうだけど、病気で余命1年という少女には、3年後生きていないかもしれないという、何とも切ない話。
西島さんの涙がきれいだったよ。

物語のナレーションは、西島さんが行っているんですが、改めて西島さんの声って良いなぁと思いました。
気が張っていないけど、だるくない声というのが物語りに合っていて。
西島さんと蒼井優ちゃんの雰囲気も、ほんわかとした優しいところが似ていて、もっと共演してほしいなって思いました。

で、時々入るバレーの宣伝が邪魔だったのがね…。

---------------------------------
拍手御礼です。
nicosmile さん
西島さんの魅力のひとつは、声ですよね。
私はTBSの日9ドラマのあとにある「風の言葉」という番組での西島さんのナレーションが好きです。
nicosmile さんが言う、声に出さないけど~というの分かります。
このドラマもそうでしたけど、西島さんって結構寡黙な役が多いので、表情や雰囲気で伝えるということが多いですからね。

MEMORIES OF VENICE

西島秀俊 PHOTO BOOK 「MEMORIES OF VENICE」西島秀俊 PHOTO BOOK 「MEMORIES OF VENICE」
(2011/12/15)


商品詳細を見る


西島さんの写真集「MEMORIES OF VENICE」がAmazonで予約受付中になってる!!
発売日は12月15日。
表紙の写真しか見ることができないけど、先日のキネ旬の写真を見る限り、かなり期待大!

そして、その10日前は僕スタの公式フォトブックの発売。

映画も公開されるし、年末にかけて西島さん関連でかなり財布の紐がゆるくなっちゃいますね。

先取りナビ #9

今回の先取りナビは、姫川さんの上司、今泉さんと橋爪さんの紹介。

上司の二人だけど、今泉さんと橋爪さんは姫川さんへの態度はまったく正反対。

本当に濃いメンバーが集まってますねー。

いっけいさんは、菊田がやりたかったそうだ(笑)

僕とスターの99日 第5話

もう、こーへーたんかわいすぎ。
テソン君と子供たちが遊んでいる横で、正座して子供たちの服をたたんでいる姿に、思わずかわいいと言いそうになりました(笑)
あんな、アラフォーなんて。
ドラマティックテレビライフにも、プールで足をバタバタして、記者さんにかわいいなんて書かれているし。
こう思うのは、ファンだけじゃないのね(笑)

そして、物語は今までのドタバタした展開から、航平とユナの二人の恋愛が主軸になりそうですね。
望遠鏡で手が触れ合って、微妙な雰囲気が流れているし、天文台まで追っかけて来ちゃうところを見れば、ユナは自分の気持ちに気付いていそうですね。
でも、航平は鈍感なのでユナからの気持ちなんて気付いていなさそうだし。
気付くまでそうとう時間かかりそうだ。
そして、ラブちゃん登場に、ジェネラルの9話の屋上でのシーンがチラッとよみがえりました。
あんな、切ないシーンはきっとないだろうけど。

もともと、99日の契約なので、最初から終わりがある二人の関係だけれど、どうなるんでしょうね?
ラストの、ユナが振り返って航平が立っていたというシーンなんて、カット割りから昔の少女マンガというかトレンディドラマのような演出で、ちょっと私は引いてしまいましたが、これはラブコメなんだと思えば納得です。
日曜の夜には、これくらい笑えて楽しいドラマが丁度良いかな?

可愛いで思い出しました。
公式サイトのももちゃんのページに、西島さんからの差し入れで、キティちゃんのお稲荷さん!
西島さんが、キティちゃんのお稲荷さんなんてかわいすぎる。
どこで知ったんだろう、キティちゃんのお稲荷さんがあるってこと。

東京フィルメックス 開幕

今年の東京フィルメックスが開幕しましたね!

毎年、西島さんはほぼ毎日のように映画を見ていたといいますが、今年はドラマ撮影もあるので、23日の「CUT」の上映ぐらいしか、お出ましがなんでしょうね。
私は残念ながら23日は落選しちゃいました。

でも、昨日は有楽町で映画を見ていたので、会場の雰囲気だけ味わってきました(v^ー°)

「CUT」のオフィシャルサイトもようやく動き出しましたねー。
痛そうな顔の秀二がいて、少し心痛みます。
公開まであと一ヶ月きりました。
ワクワク半分、不安半分といったところです。

先取りナビ #8

今回の先取りナビは、濃い!!
「ガンテツと日下」です。

こんな上司いたら、嫌だなぁ~(笑)

で、映像の途中にチラッと入ってくる残酷な映像にorz

僕とスターの99日 第4話

航平さん、体張ってますね。

ももちゃんから、オレンジジュース吹っかけられるし。
ウェディングケーキを顔面キャッチして、全身クリームだらけでバラエティのコントみたいになってるし。
甥っ子からは、乗っかられて顔をグニュグニュされてるし。
警備会社の社長からは、叩かれるわ。

がんもの言葉を借りれば、生傷が耐えない仕事ですね。

そんな航平さん、航平さんって読んでるけど、どうしても航平たんって呼びたくなるような、かわいさはどうして?
アラフォーなのに、リュック背負って、まさかの萌袖だし。
テソンを探して、リュック背負っていたのが、かわいすぎる!!

もう、ストーリーは定番過ぎる展開なので、あまり驚きってことはないんですが
このドラマの注目は、西島さんのころころ変わる表情に目が行っています。
来週は、どんな表情を見せてくれるんでしょう?

余談ですが、今回のドラマのロケ地が会社から近かった…。もしかしたら、撮影見れたのかもって思うと、残念。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。