Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリアドネの弾丸 8

まず、救命センターのセットはやっぱり、無かったのね。
佐藤ちゃんと和泉先生がいるんだけど、ジェネラルのときの処置室でもICUでもないから、ちょっと違和感。
本当に、ちょこっとゲスト出演しましたって感じでしたね
背景にいるブルーのスクラブ着た人たちも、なんかね~、いないほうが良かったような。
なんか、違う病院の救命センターみたいで。
わかってはいたけど、ちょっと残念な感じ(o´_`o)ハァ・・・

でも、アタフタする白鳥さんは見ていて楽しい(グッチーが助かるってわかっているのもあるけど)
普段、あんなに攻撃的で自信家の白鳥さんがね。
速水先生のときもそうだったから、白鳥さんも人間だったのねーって。
「ごめん」ってグッチーに謝るところは、子供みたいで(●´艸`)フ゛ハッ
それを分かっているグッチーのほうが、見た目は小さいけど大人でしたね(笑)

で、今回ですが、島津先生に \(゜□゜*)/え゙━━━!!!!!!!!!!!
私はどうも、原作の熊さんみたいな島津先生の印象が拭えないので、冤罪事件の被告の息子だったなんて驚きです。
どんどん、設定が原作から離れていく~~~。
でも、陰気な島津先生も好きです。
もうちょっと、尖がっていて欲しかったですけどね。

そして、斑鳩さんが持っていた弾丸は何だろう?
あれが今後のキーになるんですかね。

また、話もAIセンター設立という話から離れていって、過去の冤罪事件について彫り下げているようだし。
この先、どうなるんだろう??

スポンサーサイト

スクール!! 5-5

19_20110822214046.jpg

校長から大橋先生は工事現場にいると聞かされる桐原先生。
桐原先生も大橋先生のことを気になっているでしょって言われちゃう(笑)

20_20110822214045.jpg

そして、工事現場に来る桐原先生。
どういう言葉を大橋先生にかけようと思ってこの場所に来たんでしょうか?
励まし?って感じじゃないよね…。

21_20110822214045.jpg

トラックの陰から、大橋先生と武市先生のことを見つめてます。
声をかけるタイミングを失くしてしまったようですね。

22_20110822214535.jpg

そして、二人から隠れるようにトラックに背を向ける桐原先生。
大橋先生と武市先生の教師としての思いを聞いて、何を思ったのか…。

23_20110822214806.jpg

「人間は生きているだけでかっこわるい。かっこ悪くていいじゃないですか」という武市先生。
その言葉を聞いて、桐原先生もかつての自分を思い出していたのか…。

24_20110822215446.jpg

大橋先生と武市先生の話を聞いて、すっかり出る幕がなくなってしまった桐原先生。
工事現場から立ち去ります。

25_20110822215446.jpg

そして、夜の川沿いを歩く桐原先生。
なんだかミステリアス(笑)

スクール!! 5-4

14_20110822212606.jpg
15_20110822212606.jpg

面接中の3人。
先生同士の争いに疲れてしまった。とりあず一般企業に勤めたけど、自分には合わない。
という何ともやる気の感じられない方々ばかりそろって、呆気にとられる成瀬校長。
そして、冷たい眼差しの桐原先生。こんなに冷たい目で見られたら怖いよ(ノД`)・゜・。

16_20110822212605.jpg

そして、高校教師をしていたが、高校生は中途半端に大人で扱いづらくて、小学生なら子供なので扱いやすそうだからという理由で面接に来た人。
(こんな理由で小学校教諭をしている人がいるなら、そんな担任を持つ児童は不幸だね…。)
桐原先生が一喝します。

17_20110822213253.jpg

「子供に向き合えば向き合うほど、簡単に子供を好きだと言えなくなります。時には嫌いだと思うこともあるでしょう。それが現実です。それでもなお、教壇に立ち、子供たちのために自分の人生を差し出す覚悟がある人間だけが教師になりたいという資格がある。私はそう考えます。あなたにその資格はおありですか?」

こんな風に仕事に人生を差し出す覚悟を持てる人ってどれほどいるだろう?
こんな風に思える仕事に出会えたら幸せだろうなぁ、またそんな先生に出会えた児童も幸せだろうなぁ~

18_20110822213557.jpg

面接中の桐原先生の言葉を聞いて、校長は桐原先生のことを見直したみたいです。
自分はこんな先生がいる学校の校長をしているのは恵まれていると。

スクール!! 5-3

10_20110822211401.jpg

副校長に大橋先生の代わりになる先生の面接を提案しています。
こういう仕事って教諭の仕事なのかな?
普通は校長の仕事だろうけど、あの校長じゃ動かないからとテキパキと仕事する桐原先生。

11_20110822211400.jpg

そんな中、みきちゃん先生登場。
ベテラン先生の間に挟まれている桐原先生の図。
ちょっと面白い構図(笑)

12_20110822211400.jpg

みきちゃんから、「あの桐原先生?色々うわさは伺っています」なんて言われちゃう。
桐原先生にしてみれば、過去のことをさらっと聞かれて心外かもしれないけど、もっとみきちゃんと桐原先生の絡みがあっても良かったのになぁ~

13_20110822212058.jpg

副校長と面接する先生方の資料を見ていると、校長登場。
校長は大橋先生のことを一週間待ってくれると言ったはずなのに、なぜ?と言う。
「あくまで不測の事態が起きたときの準備です」と、大橋先生は復帰できないと思っている桐原先生。
あくまで現実主義な桐原先生ですね。

ラブコメ [8/26 --拍手お礼追加]

うわさは本当だったんですね~

デモが起きるようなこの時期に、あの局で…。
なんで、OKしちゃったんだろう…。

内容的には日本人女優さんでも良いんじゃないのかなっていうドラマですが。
前にあったスタアの恋みたいに。

西島さんの役の設定は面白そうですね。
無理難題を押し付けられ、姉の子供の面倒を見ている独身男性って!
それだけでも、良いんだけど。

まあ、私は韓国は嫌いじゃないですよ、大学のとき、留学してましたから(単に第二外国語で韓国語が一番簡単そうだったという理由なんですがねρ(・ω・、))
人と人なら仲良くなれば、親切だし情に厚いし。
でも、どうも国と国というナショナリズムがぶつかると好きじゃないです。ライバル心メラメラで…。それが、韓国の力なのかもしれませんがね…。
それに、商業主義前面押し出した、ゴリ押しも。
良いものは良いと思うんですがね…。

西島さんの民放ドラマ初主演をお祝いしたいんですが、今回は外野がうるさそうで…。
純粋にドラマを楽しめるように努めよう!

本音は初主演だったら、バチスタのスピンオフでジェネラルが見たかった…(_ _|||)

まあ、10月、1月と西島さんのドラマが見られるというのは嬉しいですね!

-------------------------------
拍手お礼です。

砂糖さん>
はじめまして。
本当にこの時期に??という感じですね。
裏番組も強力で視聴率がどーだこーだ言われそうですが、純粋にドラマを楽しみたいですね!

スクール!! 5-2

5_20110822205619.jpg

一夜明けた、桐原先生。
昨夜の落ち込みの影も無く、いつもどおりな桐原先生です。さすが。

6_20110822205618.jpg

校長が大橋先生の変わりにベテランの外部の方を呼ぶということから、またまた反発する桐原先生。

7_20110822205618.jpg
8_20110822205618.jpg

教師の不登校の問題は解決に時間がかかる、それよりも児童たちに通常の授業を受けさせるほうが優先度が高い。
これが現実ですと言ったところ
「そんな現実くそくらえです」なんて校長に言われて、呆気にとられてる桐原先生(;゜ロ゜)エェ??

9_20110822211401.jpg

本木先生と桐原先生。
ちょっと珍しいツーショット。
本木先生の児童のことを報告されています。本木先生もなんだかんだ言って、ちゃんと桐原先生に報告するのね。

アリアドネの弾丸 7

・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん
グッチーが撃たれた~~~

そして、来週チームジェネラルが登場だよ(佐藤ちゃんと和泉先生だけだけど)

今週は怒涛の展開でしたね。

やっぱり、宇佐美君が犯人だったけど、北山さんは自らの命を持ってでもAIセンターを潰したかったって。
なんだかなぁ~。
過去のDNA鑑定の過ちを、新しい技術でも再び起こることを危惧して潰すにしても、再審請求があって無罪が確定しそうだとしても、自分の命を犠牲にしてまですることだったのか…。
それに加担してしまう宇佐美君も含めて狂気の世界ですね。

それにしても、数式をスラスラ書く白鳥さんはかっこいいけれど、宇佐美君を説得中に登場してしまうもんだから、グッチーが撃たれて。・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん
白鳥さんをかばうグッチーなんて、バチスタのころでは考えられん(笑)

で、来週は過去の冤罪事件にも動き?
島津先生は解放されたようだけど、また殴られてるし、不穏な表情しているし。
新たな真犯人って、どうなるの??

スクール!! 5-1

1_20110822204455.jpg
2_20110822204454.jpg

5話は8年前の桐原先生の姿から。
児童を突き飛ばし胸倉を掴んで、必死に児童と向き合おうとしていたところ、他の先生に止められます。
今の桐原先生からは考えられないくらい熱い桐原先生。

3_20110822204454.jpg

そして、そんな過去を思い出している現在の桐原先生。
一人っきりの職員室で背中がしょんぼりしてます(´Д`。)グスン
そんなシーンだけど、張り付いたシャツから好けるランニングシャツ…(*/∇\*) キャ

4_20110822204453.jpg

しょんぼり中の桐原先生。
水も滴る良い男ってやつですね、色気がダダ漏れだよ(*/∇\*) キャ
思えば、コート着てスーツ着ていたから、シャツまで濡れるほどの雨ではなかったと思うんだけど、これはサービスショットですかね(笑)
じゃなきゃ、こんなに濡れてないよ。

スクール!! 4-6

29_20110807173033.jpg

校長が大橋先生のノートを読み上げます。
かつて希望を持ち、児童たちに愛情を持って接していたことを大橋先生に気付かせようとしたのでしょう。
でも、大橋先生にとっては、教師になりたくてなったのに、その教師の仕事を逃げてしまったという惨め気持ちを抱いているのに、その気持ちも知らないで、過去の希望を持っていた自分に戻そうとする校長に苛立っているんでしょう。
その気持ちをわかってか桐原先生も苦しい表情。

30_20110807173532.jpg

大橋先生の気持ちを表したかのように雨が降り出します。

31_20110807173704.jpg

このままで良いのか、負けたままで良いのかと校長は大橋先生に投げかけますが。
桐原先生は「あんたは人の気持ちがわからないのか」と校長の胸倉をつかみます。

32_20110807173825.jpg

「悪意は人の心を蝕む。でも、最後の最後に人を追い詰めるのは無知で無邪気な正義だ」と校長を行動を批判します。

33_20110807174115.jpg

「あんたみたいなやつが振りかざす、おせっかいで能天気な正義ってやつだ」

校長は、がんばれないと思った人に対してがんばれと言いつづける人ですね。
校長本人は、その「がんばれ」という言葉でがんばれるかもしれませんが、世の中にはがんばれない人もいることを知らなかったんでしょう。
大橋先生はまさに、その「がんばれない」人になっているのに。
桐原先生が言う「無知で無邪気な正義」というのはこういうことなんでしょうね。

スクール!! 4-5

25_20110807172128.jpg

5年生クラスの授業をしている校長のところに、桐原先生がやってきます。

26_20110807172127.jpg

廊下に出ると本木先生もいます。
何事かとたずねる校長に「大橋先生が警察に連行された。本木先生のクラスの児童と一緒に」と答える桐原先生。

27_20110807172502.jpg

警察に来た、校長と桐原先生、本木先生、武市先生。
本木先生は児童を送って先に帰るようですが、大橋先生に「どこまでも迷惑な人だ」と嫌味な一言を言って帰ります。

28_20110807172742.jpg

大橋先生が郵送で辞表を出したと聞いた桐原先生。
教師として復帰できなくなってしまった大橋先生。
懸念していた、悪い方向に向かってしまいました。

アリアドネの弾丸 6

まず、本編より予告でグッチーが撃たれているところのほうが、衝撃的で!!
これが、救命に運ばれるということにつながるんですかっ??
衝撃的な人が救命に運ばれてくるって言っていたので、そうなんですよね??

ということは、来週佐藤ちゃんと和泉先生が登場O(≧∇≦)O
もしかしたら、実際に登場するのは再来週かも知れませんが・・・。

で、本編に戻ると、MRI室は密室じゃなくて、法医学教室につながる扉があったと。
ドラマの初めから法医学教室の開かずの扉が、ちらっと意味深に映っていたので何かあるんだろうなぁって思ってましたが。

そして、宇佐美くんが、怪しくなってきましたね。
宇佐美君が犯人??ってことになるかわかりませんが、北山さんが死んでしまったことと、斑鳩さんへの不信感で一人暴走するようなことにならなければいいけれど。

そして、白鳥さんは、今週も超白鳥でしたね(笑)
暗くて狭いところは、グッチーに行かせようとしていたのは、意外と白鳥さんってビビリ??
牛丼の肉だけっていうのも、さすが肉食の白鳥さん。
恋愛絡みで、笹山先生にビンタされちゃうし。
ビンタされるのは、ジェネラルでも花房師長からもされているので、白鳥さんって女心がわからないのか、わざとしているのか・・・。たぶん、後者なのだろうけれど。

笹山先生も、今まで感情が表にでてこなくて、いまいち人物像が掴めなかったんですが、今回になって笹山先生が死因をきちんと究明したいと考える法医学者なんだと、わかった気がします。

アリアドネは、グッチーより白鳥さん大活躍な話のようなので、白鳥さんが白鳥さんらしく傍若無人で嫌味な感じが出ていると、楽しくなってきますね。

スクール!! 4-4

18_20110807165130.jpg

朝、武市先生に副校長が校長の担任の様子を尋ねています。
そんな様子を見つめる桐原先生。
校長の担任の様子を聞いて、胃が痛くなってしまう副校長。
中間管理職って大変ですね…。

19_20110807165425.jpg

保健室に運ばれた副校長の診察をするガンダムオタクの岡本先生。
おなかを押しながら「いい音色だろ」と岡本先生が言うと「マクベですね」と答える桐原先生。
これ、ガンダムネタらしいですが、ガンダムをまったく見たことが無い私はわかりません(笑)

20_20110807170209.jpg

校長は、今まで大橋先生が戻ってきてくれるという願望を持っていたが、大橋先生が書いたノートを読んで確信に変わったと言います。
このノートが後に波紋を起こすんですよ…。

21_20110807170508.jpg

大橋先生が戻ってくるまで、臨時採用を待ってくれと土下座してお願いする校長。
しかし、桐原先生は校長のそういう粘りが大橋先生を苦しめ、教師としての復帰を難しくしていると思わないのかと言います。

22_20110807170809.jpg

自分のしていることが大橋先生を追い詰めているなんて思ってもみなかった校長。
自分は、大橋先生と誠実に向き合いたいだけだと、桐原先生に言います。
議論は平行線をたどるだけなのだという桐原先生は、校長の意見に折れます。

23_20110807171205.jpg

「成瀬校長って昔の桐原先生に似ているな」って岡本先生が言います。
似ているからこそ、いつもはクールな桐原先生も苛立ったりするのかしらと。
けど、桐原先生は「ばかばかしい」
「問題の傷口がより深くなってしまわないか心配しているだけ」だといいます。

24_20110807171709.jpg

「8年前の桐原先生みたいに?」という岡本先生。
その言葉を聞いて、舌打ちする桐原先生。
少し桐原先生の素が見えたような気がするシーンです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。