Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大奥の再放送 ---[5/1] 拍手お礼追加

大奥の再放送が、9話以降放送されれないまま、韓国ドラマの再放送が始まってしまいました。

10話と最終話は、このまま再放送されない?

初めての再放送ではないし、韓国ドラマのほうの契約があるのか、韓国ドラマの再放送を優先されてしまったようですね。

なんだか、商業主義で、視聴者無視のテレビ局に呆れてしまいました。

そりゃ、以前放送したドラマの何度目かの再放送なら視聴率も良くないだろうし、途中で切っても問題ないと判断してしまうかもしれないけど、私のように今回初めてドラマを見た視聴者のことはおざなりにしても構わないのでしょうか?
視聴者よりスポンサー重視ですか??
視聴者があって、視聴率が高いからこそ、スポンサーが付くのではないの??

家光がその後、どうなるのか?
すっごく気になるのに!!


-----------------------------------------
拍手お礼です。

レッドシャドー さん>
拍手ありがとうございます。
私も、あずささんからの情報がなかったら、再放送見逃していたでしょうね!
追悼番組で再放送が延期になってしまったのは、仕方ないと思っていましたが、その後再放送されないままだったので、番組表見てはため息ついてました。
深夜ですけど、これで西島家光を最後まで見れそうなので、良かったです!
GWにひとつ楽しみが増えましたね!

スポンサーサイト

おにぎり屋

ローソンのおにぎり屋のCMに西島さん出演ですね!

私は、まだテレビでは拝見していないので、ネットで見ました。

岡田君が中心なのか、西島さんは横顔と最後のちらっとだけで残念ですが、おにぎりをおいしそうに頬張る姿は見ていて癒されますね。

ネットではインタビューもあって、やっぱり笑い上戸の西島さん。

ジェネラルの特典でも言われていたけど、本当に西島さんって笑いながら話す人ですね。

最新の西島さんに、ちょっと飢えつつあったので、西島さんの笑顔を見られて、元気がもらえました!

Category : CM

東南角部屋ニ階の女

東南角部屋二階の女 (プレミアム・エディション) [DVD]
東南角部屋二階の女 (プレミアム・エディション) [DVD]
(2009/05/02)
西島秀俊、加瀬亮 他

商品詳細を見る

死んだ父親の借金返済のため、古いアパートが建つ土地を売ろうとしているの野上さん(西島さん)。そこへ、理不尽なことが嫌になり突発的に会社を辞めた後輩の三崎くん(加瀬さん)と、野上さんのお見合い相手の涼子さん(竹花さん)が古いアパートに住むことになる。

古いアパートのオーナー藤子さんと、その土地に住む祖父、この二人を説得して、何とか借金返済しようとするけど、二人にはこの古いアパートに思いがあって、中々説得できない。
また、三崎くんと涼子さんにも、無理にアパート壊して土地を売る必要はあるのかと問われて、全て自分が悪いように言われ、イライラする野上さん。

また、三崎くんも自分の責任じゃないと理不尽なことから逃れるために会社を辞めたり、涼子さんもフリーの仕事がうまくいかず不安で、それぞれが世間の理不尽さに不満を持ち、社会から逃れようとしている、ダメな感じの大人3人。

物語としては、この土地を売って借金を返済したい野上さんを中心に、開かずの間になっている東南角部屋の秘密。
そこから、祖父と藤子さんの秘めた思いが明かされていって。

セリフもそんなに多くなく、心情を語るような場面もほとんどない。野上さんの祖父に至っては、殆どセリフがなかったんじゃなかな?
劇的な出来事が起こるわけでもなくて、モラトリアムな感じの3人の淡々とした日常を追っている静かな映画。
映像もわざと粗く古くしているのでしょうかね。
これぞ、日本映画というような静かな優しい映画。

私も三崎くんのように、会社の理不尽なことから逃れないなぁと時々思うこともあるし、野上さん思うようにいかず、苛立つことや、涼子さんのように将来への漠然とした不安。
3人それぞれの気持ちに共感できることがありました。
だからこそ、ラストにそれぞれ3人に明るさが出ていたのが良かったです。
三崎君の行く先には、ちょっと心配もあるけど、あんな風に何かを得られるのだろうという不確かなものに飛び込んでいけるのは、羨ましかったりします。

役者さんについては、この西島さんと加瀬さん、竹花さんのスリーショットが良いですね。
お互い、同じような静かで優しい雰囲気が出ていて。
西島さんも加瀬さんも好きなので、この二人が共演しているだけで、嬉しいです。

西島さんも、そこらへんに居そうな男性の役で、最近ちょっと特殊な役ばかり見ていたので、新鮮です。
スーツ姿はもちろん素敵だけど、チェック柄のシャツやボーダーのTシャツなんていう普通な服装が見られて、思わず胸板の逞しさに目が行きます(笑)
焚火をしながら、歌を歌ったり、藤子さんのお店のお手伝いでエプロンしていたりと、微笑ましい。
中学生の女の子に「カッコイイ」なんて、言われるシーンがツボです。

さよならみどりちゃん

さよならみどりちゃん [DVD]さよならみどりちゃん [DVD]
(2006/02/24)
星野真里、西島秀俊 他

商品詳細を見る

ゆうこはユタカが好きだけど、ユタカにはみどりちゃんという彼女がいる。
ユタカは、後輩の女の子にも手を出して、女にだらしない。

ちゃらんぽらんなユタカを好きになってしまった、ゆうこが可愛くて、「がんばれ」とずっと応援してました。
もし、私がゆうこの友達だったら、絶対にユタカみたいな男をやめとけというだろう。
だけど、ちゃらんぽらんで自由奔放、傍若無人にふるまうユタカは、自分の意見を通せなくて、誘いも断れないようなゆうこが、惚れてしまうのが分かるような気がする。
どうしようもない男だけど、子供っぽいユタカの行動や、時々優しくしてくれるだけで、惚れてしまうんだろうな
ぁ。
ルパンの歌をあんなに無邪気に歌うんだもんね(笑)

01_20110423194035.jpg

こんな風に、額をごつってやられちゃ、参るね。

ゆうこも、馬鹿だよなぁ~、でも好きになったしまったら、どうしようもいないんだろうなぁ。

しかし、あの速水先生をやっていた西島さんとは思えないくらい、だらしない男を見事演じてましたね。
体型もだらしない感じでしたね。ちょっと、ぷよっとしていて。

本心が見えないユタカだけど、ゆうこがどうしようもない男のユタカが好きなように、ユタカもどうしようもない女のみどりちゃんが好きなんだろうね。

恋をしたら、みんな冷静な判断ができなくなって、馬鹿になってしまう。
そんな映画ですね。

ゆうこもユタカのこと忘れ、ユタカもみどりちゃんことを忘れて、幸せになれたら良いんだろうなぁ。

メゾン・ド・ヒミコ

メゾン・ド・ヒミコ [DVD]メゾン・ド・ヒミコ [DVD]
(2008/10/24)
オダギリジョー、柴咲コウ 他

商品詳細を見る


この映画の公開時、映画館で見たんですよね。
その時は、オダギリさんに興味があって、映画の内容から誰かと一緒に見るより、一人見たほうが良い映画だなっと思って一人で見に行ったんだよなぁ。
それで、その時はまったく西島さんには興味がなかったので(笑)、会社の嫌な上司だなってぐらいの印象しか…。

もう5年以上前のことなので、物語も忘れてしまったこともあるし、西島さんが出ていた!ということで、見直してみました。

あの当時は、まだ自分も学生で若かったので(笑)
ゲイの老人ホームという物語の舞台にかなり衝撃的でした。
その老人ホームに住むゲイの方々の強烈なキャラにちょっと引いていました。

そんな中、登場する主要な男性の中で唯一のノンケな西島さん演じる女たらしな専務が異質な存在ですね。
一般的に見れば、この専務じゃなくて、ゲイの方々が異質な存在なんですが。

西島さんを好きになった後に見ても、やっぱりこの専務は女たらしな嫌な男ですね。
自分の会社の上司だったら最悪です!
そして、キスシーンは相変わらず色気があってエロイ(笑)
ここは、前見たときと違った印象ですね、ファンの欲目ですが。

この映画の西島さんって、少し長髪なんですよね。
私は、西島さんは短髪のほうが好きだなぁって思いました。
この役で言えば、短髪だとさわやかになってしまって、チャラい(笑)専務にはならないので長髪のほうが良いかもしれませんが。

映画の内容としては、ゲイの父親とその娘の関係修復の話でもあって、ゲイというマイノリティで生きることの孤独の話でもあるのかな。
人間は一人では生きられないからこそ、誰かに理解し、受け入れてもらいたい。
だけど、素直になれなくて、孤独を抱えてしまうという不器用な人たちの物語なんでしょうね。
これは、ゲイだとかそういうことを除いても、誰しも抱えていることなんじゃないかな。
社会に出ると、本音と建前というように、自分の意見や感情を殺さなければならないことは多いし、言いたいこといって、やりたいことやって、自分の感情に素直に生きたいけど、それができない。
そして、心にモヤモヤがたまる。
その心のモヤモヤを解消し、楽に生きるために、同じモヤモヤを抱えた人たちが集まった。
それが、この映画でいうゲイの老人ホームなのでしょうね。

冬吾さんの好きなシーン その21

ジェネラルSPがあったので、しばらく冬吾さんはお休みしていましたが、速水先生の緊張感ある鋭さから、冬吾さんの暖かさを見ると、何だか違った意味で癒されますね。

102.jpg

工場に笛子さんが乗り込んできて、冬吾さんを責めます。
そこに、桜子が登場したもんだから、笛子さんにとっては、二人から自分が悪いと責められられていると思ってしまったみたいです。

102_1.jpg

仕事から帰宅した冬吾さん、桜子のピアノの音色を聞いて、「どこから、その音が出てくるのか?」と不思議に思いますが、桜子から「冬吾さんが絵を描きたくなるのと同じ」と言われます。

102_2.jpg

その桜子の言葉を聞いて、仕事で疲れているはずなのに絵を描きたくなったと絵を描く冬吾さん。
桜子から冬吾さんの絵が変わったと言われて、それまで仕事もせず絵ばかり描いていた生活より、仕事で疲れているほうが絵がスルスルと描きたくなると言います。

その二人の言葉を聞いていた、笛子さんは複雑な表情で見ています。

102_3.jpg
102_4.jpg

翌朝、皆が寝ているうちに身支度を整えて部屋を出て行こうとする笛子さん。
その動きに気づいた、桜子、冬吾さんが起きます。
冬吾さんの寝起きだ(笑)

102_5.jpg

冬吾さんに絵を描くことに集中してもらうために、岡崎へ帰るという笛子さん。
その言葉を聞いて、冬吾さんが笛子さんに平手打ち!!「ほんずなす」と怒鳴ります。

102_7.jpg

そして、「お前は俺が好きで一緒になったのか、俺の絵が好きで一緒になったのか!どっちだ!」と。
絵は冬吾さんの病気みたいなもんで、その病気みたいなものに気を使ってもらっては困るという冬吾さん。

「俺は絵の神様ではない。普通の男だ。」
冬吾さんは、笛子さん無しでは何もできない、男だということに築かないのかと、笛子さんに言います。

冬吾さんは、自分は普通の男だから、笛子さんに絵のことばかりに集中しろと言われるのが苦痛。
だけど、笛子さんは、子供たちに良いものを食べさせてやりたい、冬吾さんには良い絵を描いてもらいたい。

お互いがお互いのことを思いやるからこそ、すれ違ってしまっている冬吾さんと笛子さん。
冬吾さんの気持ちもわかるし、笛子さんの気持ちもわかる。
夫婦って難しいですね。

102_6.jpg

灯火管制の中、かずちゃんが歌いだした「埴生の宿」を家族全員で歌う。
冬吾さんの顔も穏やかですね。

思いがすれ違っている、そんな二人を桜子や杏姉ちゃんといった周囲の人たちが二人を思い、支えているんだなぁと思うと、戦中という時代の中でも、思いやりにあふれた良い家族だなって思う。

大奥 第一章

大奥 第一章 DVD-BOX
大奥 第一章 DVD-BOX
(2005/04/27)
松下由樹、瀬戸朝香 他

商品詳細を見る


先週から、「大奥 第一章」の再放送が始まりました。

録画しているものを、週末にまとめて見てみましたが、怖いよぉ~~。

松下さんと高島さんの女のバトル!そして、高島さんが去った後でも、大奥内の女のバトル!

そんな女のバトルを幼少のころから見てきた、徳川家光(西島さん)が女嫌いになって男色に走るのは、わからんでもない。

しかも、子供のころのバトルは、生みの親と育ての親のバトル。
それも、生みの親に愛されたいと願うのに、それが権力争い、恨みや嫉妬に巻き込まれて、実の母親から冷遇されてしまうなんて、そりゃ性格歪みますね。
育ての親も、全ては家光のためと言って、あれやこれやと画策し、小言を言いますが、それも結局は家光のためではなくて、自分の保身やプライドのためだったりするし。

物語は、まだ途中なので、これからどうなるやら、ちょっと気が重いです。

西島さんに限ってみれば、本格的に登場したのは4話からなのですが、将軍としての重圧や周囲の思惑に巻き込まれていく悲哀な将軍。
怒鳴ったり、時には悲しい表情をしたりと、見ていて家光が可哀想でならない!
誰か、家光を心から愛してあげてーっと言いたい。
一国の党首となると、こんなにも大変なんだなぁ。

そして、大奥の映画でも思ったけど、西島さんって月代のかつら似合いますね。
将軍なので、結構派手な着物を着ていますけど、これもお似合いで。
こういう姿を見ると、やっぱり武士の役で殺陣をやっているところが見てみたいですね。
きっと、似合うと思うんだけどなぁ。

ジェネラル・ルージュの凱旋 SPの速水先生 その16

84_20110413225228.jpg

神宮寺先生の治療もひと段落し、白衣を脱ぐ速水先生。
この脱ぎ方がいちいちかっこよすぎる(笑)

85_20110413225428.jpg

速水先生が机の上を見ると、好物のキャンディで作られた花束。

86_20110413225540.jpg

キャンディの花束を手にとって、ちょっと困ったような表情な速水先生。

87.jpg

そして、「ふっ」っと小さく笑う速水先生。
これが速水先生のラストカットです。
連ドラでは、ちょうど桜宮コンビナート火災への対応に向かう、白衣を着た悪魔のような表情が速水先生のラストカットですが、スペシャルでは対照的に白衣を脱いだ、優しい笑顔の速水先生なんですね。

こうしてみると、もっと速水先生の治療シーンが見たかったなぁ。
本当に、中途半端で物足りないスペシャルでした。
噂ではバチスタ3があるとか、ないとか…。
あっても、速水先生は登場しないんだろうなぁ~。
原作でも、極北のことやってもほんのちょっとした出ないし、田口・白鳥シリーズのジェネラル以降も登場しないし。
今頃速水先生は何をしてんでしょう??
というか、西島さんもどうしているんでしょうね??

ジェネラル・ルージュの凱旋 SPの速水先生 その15

80.jpg

「これ以上の治療はいらない、やっと妻のもとへ行ける。自分には何も残らない人生だった。」
そう語る神宮寺先生の言葉を否定し、「こんなにすごい二人を残しているじゃないですか」と言うグッチー先生。
ちょっと、ベタな展開だけど、そんなベタなセリフが似合ってしまうグッチー先生。

81.jpg

「あなたの最悪な教え子たちは、世界中に自慢していい最高の二人になってます」というグッチー先生。
その言葉を聞いたからなのか、またお互いに別々の方向に向く速水先生と白鳥さん。
間に入ったグッチー先生が長身の二人に挟まれて苦しそうですが(笑)
スタートは同じでも、今は違う方向から医療について真剣に考える二人を、この構図で表現したかったんでしょうね。
だから、役人の白鳥さんには黒のスーツで、現場の医者の速水先生には白衣を着せ、対比させたんでしょうかね。

82.jpg

3年前に妻の治療をしたため、自分も助からないと言う神宮寺先生に、「これだから年寄りは、医学の世界の3年がどれほどのものか、忘れちゃいましたか」という白鳥さん。
速水先生も「3年前に救えなかった命も今なら救える可能性は高い」と、恩師を前に相変わらず偉そうに言います(笑)
速水先生と白鳥さんの神宮寺先生への説得の連携プレイ!
二人を見つめるグッチー先生の表情に注目です!

83.jpg

グッチー先生が「昔、神宮寺先生は二人に未来を与えた。今度は、先生が受け取る番です。」言うと、神宮寺先生も「ありがとう、君らを誇りに思う」と、治療を受けることになりました。
その言葉を聞いて、速水先生が微笑んでる!!!
速水先生がこんな風に優しく笑うなんて!!しかも白衣だし!

ジェネラル・ルージュの凱旋 SPの速水先生 その14

76.jpg

回復した神宮寺先生が、B型肝炎に感染した経緯を語ります。
それを真剣に聞く、3人。
速水先生と白鳥さんの間にいる、グッチー先生の小ささが(笑)

77_20110413221408.jpg

白衣に速水先生は名札を付けているんですね。
連ドラの時から、他の先生は青い術衣でも名札を胸や腰のあたりに付けているのに、速水先生だけ付けていなくて、ちょっと気になってました。
速水先生は、ジェネラル・ルージュとして有名だから名札を付けなくても良いのかと(笑)

78.jpg

神宮寺先生は、自分の病状が悪化することに気づき、警告文に立ち向かって患者を救っていた、かつての教え子である速水先生と白鳥さんを試験してみたくなり、警告文を出したと言います。
思わず、「やれやれ」という表情で、お互い別々の方向に顔を向ける速水先生と白鳥さん。

重傷の神宮寺先生が速水先生の机の上に、警告文を置くことができなのか?という突っ込みがあるんですがね(笑)

79.jpg

「合格だよ」と神宮寺先生から言われて、なぜか不服そうな表情の速水先生。
ちょっと怒ってますね、この表情。

ジェネラル・ルージュの凱旋 SPの速水先生 その13

71_20110413215702.jpg

肝炎検査の結果が出て、早速チームジェネラルに指示を出します。
このとき、全員の動きが止まっていたので、「急げっ」と再び怒鳴る速水先生。
大事な恩師だけあって、速水先生の救いたい思いが強いんでしょうね。

72_20110413220040.jpg

ようやく神宮寺先生の治療が始まりました。
その様子を見つめる速水先生。何を思っているんでしょうね?

73_20110413220232.jpg
74_20110413220541.jpg

治療の結果、容体が安定した神宮寺先生。
その周りに全員集合です。一人の患者にこんなに全員が集まっていいのかという突っ込みは置いておいて(笑)
なぜか、白衣の速水先生!!!!
速水先生の白衣は回想を除いて初めてですね。
なぜ白衣?という突っ込みも置いておいて(笑)
演出として黒いスーツの白鳥さんとの対比を表現したかったのでしょうかね?
また、間にちょこんと居るグッチー先生も良いですね(笑)

75_20110413220841.jpg

麗しい白衣姿の速水先生のアップ(*/∇\*) キャ
神宮寺先生のB型肝炎がなぜ、当初見つからなかったのか、語ります。

ジェネラル・ルージュの凱旋 SPの速水先生 その12

65_20110413213522.jpg

警告文の犯人は判明しましたが、神宮寺先生が死亡するという警告文を出した犯人はわかりません。
そんな中、神宮寺先生の容体が悪化してます。
速水先生は、さっそく指示を出しますが、いつもより表情が険しいですね。

速水先生を中心としたこの3ショットが結構好きだったりします。
グッチー先生の小ささが際立ってますが(笑)

66_20110413214030.jpg

一夜経っても、依然として神宮寺先生の容体は悪化してます。
この間、白鳥さんとグッチー先生が神宮寺先生の周辺を調査中です。

67_20110413214230.jpg

調査を終えた白鳥さんが戻ってきて、速水先生に声を掛けます。
そして、振り返る速水先生のアップ。思わずキャプちゃいました!

68_20110413214441.jpg

白鳥さんが速水先生に渡したのは、神宮寺先生の論文。

69_20110413214835.jpg

神宮寺先生の奥さんが劇症肝炎で亡くなっていることを知った速水先生は、サトちゃんに肝炎の検査をするように指示を出します。
このときの「佐藤ちゃん」という声が上ずって掠れているところが、速水先生の驚いている感情が出ているようで、ツボです。なんか、セクシーな声だし(笑)

70_20110413214834.jpg

サトちゃんは、肝炎は入院時に検査しているからと言うから、短気な速水先生は「いいから調べろ!」と怒鳴ります。
これこそ、わがままな3歳児ジェネラルです(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。