Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誕生日おめでとうございます!

今日は西島さんのお誕生日!
おめでとうございます(*゚▽゚)ノ

そして、今日はイベントもりだくさん。
ケルベロスの肖像の公開初日。
西島さんは、舞台挨拶に登壇して伊藤さんから花束贈呈のサプライズ♪
恥ずかしそうな西島さんの姿が想像できます(笑)

そんな西島さんは、只今オールスター感謝祭に出場中。
今日が誕生日の人は誰だというクイズになって西島さん、
恥ずかしそう( ´艸`)
こういう番組に出ることが珍しいので新鮮!
ラ王のCMの話題まで出たり、番宣したりと画面に出てくる回数が多いですね
これから西島さんもゲームに参加するのかな?

誕生日にこれだけ大活躍な西島さん。
お疲れ様です。
そして、これからの活躍を楽しみしてます!

誕生日にこんなに大活躍な西島さん!
これからも西島さんの活躍を楽しみしてますo(^▽^)o

スポンサーサイト

【文庫版】ケルベロスの肖像

【映画化原作】ケルベロスの肖像 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)【映画化原作】ケルベロスの肖像 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2014/01/09)
海堂 尊

商品詳細を見る

映画化される「ケルベロスの肖像」
田口・白鳥シリーズの最終作と言われていますが、実は「カレイドスコープの箱庭」が出版されまだまだ田口先生の活躍が見れそうなので、これが最終作なのかという感じがしますが。
ともかく、この「ケルベロスの肖像」。私はハードカバー版ですでに読んでいるので、文庫版は買わない予定だったんですが、文庫版は雑誌「ダビンチ」とJTのWEBサイトで掲載のあったSSが載っているではありませんか!
しかも、この短編はJTの企画だからなのか、同一の場面を喫煙者と非喫煙者の立場から描いた作品。その主役はそれぞれ高階病院長と速水先生。
しかも、速水先生が視点で描かれた作品のタイトルは「古巣への帰還」
速水先生が東城に戻ってきたという話。初めて読んだときはすごく短くて、この先の展開が気になっていました。
なぜ速水先生は東城に戻ってきているのかと。
そして、近々発売される「カレイドスコープの箱庭」。このミスで冒頭が載っていて読みましたが、田口先生が国際学会を取り仕切るという話。
高階病院長視点の「突然の来訪者」で速水先生を国際学会の演者として招いたと書かれていましたので、「カレイドスコープの箱庭」で田口先生が主催する国際学会のことなんでしょうか。
そしたら、原作の新作には速水先生が登場するのか??

西島さんが演じる速水先生と原作の速水先生は似ているようで違いますが、私の頭の中はもう西島さんで変換されているので、原作の新作に速水先生が登場してくれるとうれしいなと小さな期待を抱いています。

笑っていいとも

仕事のお昼休み中だったので、今しがた今日の笑っていいともを見ました!
最新の西島さん。
また、MOZUの撮影していたんですね。
少し無精ひげ気味なお顔。
西島さん自身はよく笑ういつもの穏やかな感じですが、MOZUでは大分トゲトゲしくてやつれた感じなのかな。

そして、タモリさん。
筋肉好きなタモリさんに、筋肉触らせてあげれば良かったのに(笑)
是非、その感想が聞きたかった( ´艸`)
嫌がる西島さんも良かったけど。

お祝いのお花には、ラ王にANAとスポンジからと仲村トオルさん、伊藤敦史さんとバチスタ関係に香川さん。八重関係から綾瀬さんに長谷川さんと仲の良さが垣間見えてほっこりしました。

また、冒頭にゲノムハザードのあらすじを放す西島さん。
意外と宣伝上手ですよ!
立ちながらタモリさんに映画の話をするもんだから、ちょっとヒヤヒヤしましたが(笑)
簡潔に気になるようにまとめて、おぉって勝手に思ってました。
もう、ゲノムハザードも今週なんですね。
来週中には見に行きたいなぁ。

余談ですが、CMにソフランが入っていてソフランから最新の西島さんへのつながり。
おいしい流れでした(o゚▽゚)o

明けましておめでとうございます [2/7拍手御礼追加」

年明けして早くも一週間が経過してしまいましたが、新年のあいさつです。
ブログを始めた頃に比べると、すっかり更新のペースは落ちてしまいましたが、今年もマイペースに西島さんを応援していきます!

さて、今日は螺鈿迷宮がスタートしますね!
三年ぶりの速水先生、楽しみすぎます。
ラテ欄だけじゃなくて、ポスターにも西島さんの名前がありますが、1話のみの出演ですよね。
扱いが大きいので、出番が多いのかと期待しちやいますよ。

螺鈿迷宮には、天馬くん出るんですね。
原作の主役なのにグッチーに主役を取られてしまって脇役扱いなのが残念。
また、原作では三姉妹だったのが、葵さんが男になってる!
相変わらず、ドラマはかなり改変しているようですね。
良い改変だと良いなぁ~。

ああ、早く22時になぁれ!

-----------------------------------------
拍手御礼です。

nicosmileさん
返事が遅くなってしまってすみません。
いまさらになりますが、今年もこんなブログをよろしくお願いいたします。
今年も西島さんはバチスタに始まり春にはMOZUがありますので、大活躍ですね!
細々とありますが、西島さんを追っかけていきます!

Happy Birthday 2013

double.jpg

゚・*:.。. .。.:*・゜Happy★Birthdyヽ((◎´∀`◎))ノ゚・

今年も西島さんのお誕生日がやってきました~♪
一年、過ぎるのは本当に早いですね。
昨年の今頃はストロベリーナイトの連ドラが終わったころですもんね。
それから1年後には映画が公開していると考えると、早いなぁ。
まさか大河にご出演しているとも思っていなかったですし。

2013年の西島さんはどんな作品を私たちに見せてくれるのでしょうか。
期待して待っています~。

誕生日の楽しい日なのに、「ダブルフェイス」の純で何だか暗い感じな記事になっちゃいましたね(笑)
5月には「ダブルフェイス」のDVDが発売なので、これが大河以外での直近の楽しみです!

さようなら2012年 [1/5 拍手御礼追加]

2012年もあと少しとなりましたね。

今年は、1月からストロベリーナイトの連ドラ。
2月に「セイジ」が公開され、「ハーメルン」のプレカット版もBSで放送されました。
映画はこの2本ですが、2011年末に「CUT」があったので、2012年前半は西島さんを追いかけるのが忙しかったなぁ。

春から夏にかけては、西島さんは映画版「ストロベリーナイト」、韓国映画、「ダブルフェイス」の撮影と表立った活動がなかったので、ファンとしてはちょっと寂しい期間でした。

それが秋以降となると、大河ドラマ「八重の桜」への出演が公表され、10月に「ダブルフェイス」が放送されて森屋純の演技が切なくて涙しました。

振り返ると、今年も西島さんは私たちに素晴らしい作品を見せてくれ、楽しませてもらいました(^0^)/
来年は早々から「八重の桜」ですね。
まずは、1月3日の特番が楽しみです。綾瀬さんと長谷川さんと会津旅なんて、なんて贅沢!!

それでは、こんなマイペースなブログですが、来年もよろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------------
拍手御礼です。


nicosmileさん
昨年は、コメントをたくさんいただき本当にありがとうございました!
2013年も西島さんは大活躍のようですので、一緒に西島さんに何度も陥落させてもらいましょうね(笑)
本年もよろしくお願いいたします!

誰がツタンカーメンを殺したのか!?

ようやく、先週の土曜プレミアムを見ることができました。
この番組、西島さんが出ていなくても、見てたかもしれないくらい面白かったです。
やっぱり、ツタンカーメンの謎は面白いですね。
3000年以上前の人の死因が現在の技術で解明されるなんて、すごいですね。
そこで出来た、AIにはついバチスタシリーズを思い出しちゃいましたけど(笑)

そして、西島さん。
冒頭、ツタンカーメンに似ていると言われて照れる西島さんが可愛い。
そして、ツタンカーメンの黄金のマスクを見るときや、王家の谷を見学しているときなど、本当に楽しいんだなって感じるくらい、目がキラキラしてますね。少年みたいに。
西島さんのナレーションも、相変わらず癒しボイスだし。
ラストカットの船の上?のショットは、べっぴん!!

こういう番組なら、西島さんにどんどん出て欲しいな。
って、ミステリーハンターみたいな感じになっちゃいますね(笑)

土曜プレミアム ツタンカーメンの謎 [8/12 拍手御礼追加]

来週、8月11日(土)21時からフジテレビの土曜プレミアムで 『独占解明 誰がツタンカーメンを殺したのか!? ~謎の少年王・悲劇の生涯~』という番組があります。
この番組でなんと西島さんがナビゲーターを務めます!
西島さん、いつのまにかエジプトに行っていたんですねー。

http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2012/120802-278.html

番組のHPを見ると、エジプトを旅する西島さん。
良い感じです。

ただ、オリンピック中継によっては番組時間が変更になるようなので注意です!

CM以外で見れる西島さん。楽しみです。

-------------------------------
拍手御礼です。

nicosmileさん
昨日、この番組見られましたか?
私は出かけていたので、まだ見ていませんが(涙)録画してあるので、後で見るのが楽しみです。
予告を見る限り、ドラマや映画、CMとは違った素の西島さんが見られそうですね。
10日の「神童」は、残念ながらスルーしちゃいました。
あのお父さんの雰囲気、好きなんですけど。

アリアドネの弾丸 文庫 [6/24 拍手御礼追加]

アリアドネの弾丸(上) (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)アリアドネの弾丸(上) (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2012/06/07)
海堂 尊

商品詳細を見る

海堂先生の作品は、ほとんど文庫で読んでいるので、今回も文庫化するまで待ってました(笑)
この田口・白鳥シリーズは、前作の「イノセント~」が当初の医療ミステリーからかけ離れた、作者の言いたいことを詰め合わせたかのような作品だったので、この作品は第一作の「バチスタ」に近い謎解きがあって楽しめました。
白鳥さんもロジカルモンスターっぷりを発揮していたし。

ただ、田口・島津・彦根といった「すずめ四天王」のうち3人が揃って登場するのに、なぜ速水先生が登場しないのかと寂しい思いでした。ストーリーから速水先生が登場する必然性はないんだけどね。

桜宮サーガで「アリアドネ」より未来の作品では東城大から救命センターが無くなっていて、速水先生の戻る場所が無くなっているので、次の「ケルベロスの肖像」ではエーアイセンターの崩壊が描かれ、同時に東城大付属病院の財政破綻まで描かれるのかなー。

あくまで、速水先生が好きで海堂作品を読んでいるという私にとっては(笑)
速水先生のその後が気になるところです。

その後というと、JTの一服の相対性(http://www.1puku.jp/relativity/index.html)で「突然の来訪者」と「古巣への帰還」という同じストーリーだけど、視点が違うというこの作品。
固有名詞は一切出ていませんが、速水先生が東城大に戻ってきて高階病院長に顔を見せるという話なのが明らか。

ドラマと原作では速水先生のキャラクターが違うけれど(ドラマは冷徹・原作は体育会系な感じ)
この作品で、新巻鮭をそのままの姿持って飛行機や新幹線に乗って北から帰ってきて、周りから変な目で見られていることの意味が分からないという天然ぷり発揮な速水先生を、どうしても映像化は西島さんでしてしまいます(笑)
ドラマの速水先生だったらこういう描写はなさそうだけどね。
新巻鮭を持って、うろうろする西島さん(笑)見たいかもっ。

-------------------------------------
拍手御礼です。

nicosmileさん
見ていたのに、別の作品に出ていてその俳優さんを好きになるってことありますよね。
私は、西島さんに関しては過去に出演した映画を見ていたのに、あまり興味が無くて、ジェネラルから急にファンになったという感じですし。
菊田好きなら、きっとジェネラル好きになりますよ!見返したら、nicosmileさんの感想を聞かせてくださいね。
ストロベリーナイトの原作は、私も気になるんですが、菊田の描写が違うらしいので、このままドラマの世界で良いかなって思ってます。

tomtomさん
tomtomさんも文庫派なんですね。
「極北ラプソディ」は、速水先生が登場したあたりから週刊誌を立ち読みし、文庫化が待てず単行本を購入しちゃいました。
「極北ラプソディ」のドラマ化良いですね。
ただ、私は主役は原作通り今中先生で、今中先生目線から見た速水先生のほうが魅力的な気がします。
速水先生のよさは、主役を食ってしまうほどの暴君なので(笑)
ドクターヘリに乗って、ヘリの中で手術をする速水先生を演じる西島さん、見たいですね。

春、バーニーズで 文庫

春、バーニーズで (文春文庫)春、バーニーズで (文春文庫)
(2007/12/06)
吉田 修一

商品詳細を見る


GWでゆっくり出来るかと思えば、意外とそうでもない(笑)

昨日放送があった「ハーメルン」のプレカット版も未だ見れてない(ノД`)・゜・。
僕スタのDVD-BOXもまだ、1話しか見れてない(ノД`)・゜・。

そんな中、空いた時間にどこでも出来るのが本を読むこと。
私はいつも、通勤時間中に読書するんですが、最近ハマっている作家は、吉田修一さん。
「パレード」や「パークライフ」を読んで、次は何を読もうかと本屋さんをさまよっていると、目に留まったのが「春、バーニーズで」
どこかで目にしたことがあるタイトルだなぁと思っていれば、西島さんの出演作品の中にありましたね。
というわけで、今は「春、バーニーズで」を読んでます。
そのうち、西島さんが出演した映像作品も見たいんですが、最寄のTSUTAYAには置いてないし、どうしようかなぁ~と思っているところです。

Happy Birthday 2012 [4/3 拍手御礼追加]

happybirthday2012.jpg


゚・*:.。. .。.:*・゜Happy★Birthdyヽ((◎´∀`◎))ノ゚・

今日は西島さんの41回目のお誕生日。

今日は西島さんはどんな風に過ごすんでしょう?
映画の撮影かな?
それとも、また一人で映画ですか(笑)

この1年も健康には気をつけて、私たちに素晴らしい作品を見せていただければと思います♪

この絵は、先日のメンズクラブから。
西島さんの顔を描くより、ジャケットを描くほうに夢中になってしまいました(笑)
そして、毎度のごとく西島さんってちょっとバランスを崩しただけで別人になってしまう難しさ。
あのお顔は、すばらしいバランスで出来ているんだと、描くたびに思います。

-------------------------------------
拍手お礼です。
nicosmileさん
はじめまして。
ストロベリーナイト放映から菊田効果なのか、カウンターが回りっぱなしで恐縮してます(笑)

BEAUTY TALK

昨夜のラジオ。

本当に西島さんは映画好きなんだな~
最近のお勧め映画にあげていた「ニーチェの馬」について語るとき、西島さんは「本当にすごいなぁ」を連発。
MCの女性を置いてけぼりな感がありましたよ(笑)
映画について語っている時の声のトーンが普段より上がっていて、少年みたいな声になっていたし。
あれだけ嬉嬉として映画を語るんだから、人によっては引いちゃうかもしれませんね(@^-^)
MCの女性もちょっと引いているように感じましたよρ(-ω-、)

そして、「CUT」について。
ナデリ監督との出会いから、撮影中にほとんど誰とも話をしなかったという話。
役にのめりこんでいたので、「CUT」の撮影の間に別の撮影に入ったら、目つきが鋭くて全くOKが出なかったとか。
何の撮影だったんだろう?「セイジ」なら目つき鋭くても良さそうだから、CMとか??

また、「CUT」はシネフィルのための映画だと思っていたけれど、日本で公開されてから気付いたのは、普段映画を見ない人のための映画だということ。
普段アート系の映画を見ない人に、アート系の映画の現状や素晴らしさを知ってもらうための映画だろうと。
実際に、「CUT」を何度も見た人(7回も見た人がいるらしい)や劇中に挙がっていた映画を見たという人を聞いて、嬉しかったと。
たしかに、そうかもしれないですね。
私は、商業的な映画もアート系の映画も見るのは好きだし、友達と見に行くだけじゃなくて劇場に一人で見に行くこともあるけれど、西島さんみたいに空いた時間にぷらっと映画を見に行くほどの映画好きではない。
だから、あまりアート系映画の現状については知ってはいたけど、嘆くほどではなかった。
「CUT」を見て、その現状を嘆き、叫ぶ秀二を見て、その思いに共感し、劇中に挙がっていた映画を見てみようと思った。
さすがに、時間的に「CUT」を何度も見にはいけませんけどね(笑)

さて、来週は「セイジ」の話が聴けそうですね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。