Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクール!! 6-4

16_20110911153328.jpg

朝、かすみちゃんに屋上に呼び出されちゃう桐原先生。
まずいことに、校長と武市先生が隠れてふたりのようすを伺ってます。

17_20110911153328.jpg

かすみちゃんは母親の再婚に反対で、それを桐原先生に相談します。
だけど、桐原先生は8年前のこともあって、かすみちゃんに「教師は児童の家庭の問題に立ち入れないし、君は僕にとって児童の一人でしかない」と冷たい言葉を。

18_20110911153648.jpg

桐原先生があまりに冷たく、突き放した態度をとるので、かすみちゃんは駆け出してその場からいなくなってしまいます。

19_20110911153813.jpg

隠れて様子を見たいた校長が桐原先生の言葉が、あんまりだと抗議します。
教師は児童の家庭問題に立ち入れなくても、かすみちゃんは桐原先生に聞いて受け入れてもらいたかっただけだと。

20_20110911154041.jpg

桐原先生は、教師は児童の父親にはなれないと反論します。

21_20110911154305.jpg
22_20110911154304.jpg

そして、誰もいない夕方の廊下。
桐原先生は苛立ちから壁を思いっきり叩きます。
本当は桐原先生だって、かすみちゃんのことを親身になって相談を受けたいと思っているんだけど、8年前のトラウマからそれができない。
そう分かっているのに、校長に責められてイライラ。
この話は7話に続きます。

スポンサーサイト

スクール!! 6-3

11_20110911152223.jpg
15_20110911152724.jpg

大橋先生に「無理してませんか?」なんて、言われちゃうので、帰宅中呆然とした表情で歩く桐原先生。

12_20110911152223.jpg

その脳裏には、8年前のことが思い出されているようです。

13_20110911152222.jpg
14_20110911152516.jpg

桐原先生は、いじめていた生徒に深入りしすぎて手が出てしまい怪我をさせてしまいます。
そして、問題となり桐原先生は他の学校に転任することになります。
当時の上司から深入りしすぎた桐原先生の責任だと。

この一件で、今の冷静な桐原先生ができあがったんですね。

スクール!! 6-2

7_20110911151039.jpg

校長がかすみちゃんと面談し、父親参観を認めてほしいといいますが、かすみちゃんは認めてくれません。
校長室から出て行くかすみちゃんの様子を見る桐原先生。何を考えているんでしょうかね?

8_20110911151237.jpg

副校長が先生たちを飲み会に誘っている中、残業している桐原先生。
保健の岡本先生から、昔の桐原先生は今と違っていたと飲み会の席で言われてます。
岡本先生としては昔のほうが好きで、今は残念な感じだとか、「はがゆいな桐原」って言われてます(笑)

9_20110911151651.jpg

残業は大橋先生と一緒でした。
大橋先生は、かすみちゃんが最近授業に集中できていないみたいだと、桐原先生に相談します。
大橋先生の言動がすっかり校長に影響されているようで、桐原先生も「校長のうけうりですか?」とちょっと笑顔です。珍しい~

10_20110911151852.jpg

帰り際、大橋先生から「無理していませんか?」なんて聞かれちゃいます。
そんなことを大橋先生に言われちゃうなんて、心外でしょうね。

スクール!! 6-1

1_20110911145601.jpg
2_20110911145601.jpg

6話からは、桐原先生の過去と父親のいない児童・かすみちゃんがメインの話になります。
朝、かすみちゃんは桐原先生の姿を見つけて、うれしそうに声をかけます。
その間を裂くように、武市先生が登場したので、かすみちゃんがむくれます。
このむくれかたが、ほほえましくて(*^-^*)

3_20110911145601.jpg

職員会議でまたまた校長が新しい提案「父親参観日」を提案します。
参観日をなくして、参観日に来れる人、来れない人の不公平をなくし、教師の負担軽減もできたはずなのにと、難色を示す桐原先生。

4_20110911145601.jpg

ところが、大橋先生は賛成するといって、桐原先生はこの顔。
意外だったのかな??
大橋先生は不登校の一件もあって、すっかり校長派です。

5_20110911145601.jpg

桐原先生は、父親のいない児童のことを考えているかと尋ねます。
父親のいない児童は、少なからず心に傷を負っていると。
でも、校長は父親のいない児童全員の承諾を取ると宣言します。
さすが、校長ですね。

6_20110911150307.jpg

そんな中、受験の資料をもらいにかすみちゃんが職員室にやってきます。
校長はかすみちゃんに「父親参観祭」をやろうと思うがどうだ?と聞きますが、かすみちゃんは「絶対いやです。」と言って、職員室を出て行っちゃいます。
その様子を桐原先生も見てます。

スクール!! 5-6

26_20110822215632.jpg

翌朝、なぜか校門から離れた場所から、校門を見つめる桐原先生。
大橋先生が来るか気になっていると思うんだけど、本当に素直じゃないなぁ(笑)

27_20110822215812.jpg

成瀬校長から「ここで何をやっているんですか?」と聞かれて「別に」と答える桐原先生。
速水先生も佐藤ちゃんに問い詰められて「別に」って答えてたなぁ(笑)

28_20110822220459.jpg

大橋先生が現れてちょっと嬉しそうな桐原先生。

29_20110822220458.jpg

だけど、桐原先生は「たいへんなのはこれからだ」と相変わらずクールです。

30_20110822220457.jpg

それでも、校長は大橋先生を信頼しているといいます。桐原先生が好きな現実を知っているからと。

31_20110822220457.jpg

そしたら、このニヤリ笑い゜*。(*´Д`)。*°
桐原先生の素が出ましたねーー!!

スクール!! 5-5

19_20110822214046.jpg

校長から大橋先生は工事現場にいると聞かされる桐原先生。
桐原先生も大橋先生のことを気になっているでしょって言われちゃう(笑)

20_20110822214045.jpg

そして、工事現場に来る桐原先生。
どういう言葉を大橋先生にかけようと思ってこの場所に来たんでしょうか?
励まし?って感じじゃないよね…。

21_20110822214045.jpg

トラックの陰から、大橋先生と武市先生のことを見つめてます。
声をかけるタイミングを失くしてしまったようですね。

22_20110822214535.jpg

そして、二人から隠れるようにトラックに背を向ける桐原先生。
大橋先生と武市先生の教師としての思いを聞いて、何を思ったのか…。

23_20110822214806.jpg

「人間は生きているだけでかっこわるい。かっこ悪くていいじゃないですか」という武市先生。
その言葉を聞いて、桐原先生もかつての自分を思い出していたのか…。

24_20110822215446.jpg

大橋先生と武市先生の話を聞いて、すっかり出る幕がなくなってしまった桐原先生。
工事現場から立ち去ります。

25_20110822215446.jpg

そして、夜の川沿いを歩く桐原先生。
なんだかミステリアス(笑)

スクール!! 5-4

14_20110822212606.jpg
15_20110822212606.jpg

面接中の3人。
先生同士の争いに疲れてしまった。とりあず一般企業に勤めたけど、自分には合わない。
という何ともやる気の感じられない方々ばかりそろって、呆気にとられる成瀬校長。
そして、冷たい眼差しの桐原先生。こんなに冷たい目で見られたら怖いよ(ノД`)・゜・。

16_20110822212605.jpg

そして、高校教師をしていたが、高校生は中途半端に大人で扱いづらくて、小学生なら子供なので扱いやすそうだからという理由で面接に来た人。
(こんな理由で小学校教諭をしている人がいるなら、そんな担任を持つ児童は不幸だね…。)
桐原先生が一喝します。

17_20110822213253.jpg

「子供に向き合えば向き合うほど、簡単に子供を好きだと言えなくなります。時には嫌いだと思うこともあるでしょう。それが現実です。それでもなお、教壇に立ち、子供たちのために自分の人生を差し出す覚悟がある人間だけが教師になりたいという資格がある。私はそう考えます。あなたにその資格はおありですか?」

こんな風に仕事に人生を差し出す覚悟を持てる人ってどれほどいるだろう?
こんな風に思える仕事に出会えたら幸せだろうなぁ、またそんな先生に出会えた児童も幸せだろうなぁ~

18_20110822213557.jpg

面接中の桐原先生の言葉を聞いて、校長は桐原先生のことを見直したみたいです。
自分はこんな先生がいる学校の校長をしているのは恵まれていると。

スクール!! 5-3

10_20110822211401.jpg

副校長に大橋先生の代わりになる先生の面接を提案しています。
こういう仕事って教諭の仕事なのかな?
普通は校長の仕事だろうけど、あの校長じゃ動かないからとテキパキと仕事する桐原先生。

11_20110822211400.jpg

そんな中、みきちゃん先生登場。
ベテラン先生の間に挟まれている桐原先生の図。
ちょっと面白い構図(笑)

12_20110822211400.jpg

みきちゃんから、「あの桐原先生?色々うわさは伺っています」なんて言われちゃう。
桐原先生にしてみれば、過去のことをさらっと聞かれて心外かもしれないけど、もっとみきちゃんと桐原先生の絡みがあっても良かったのになぁ~

13_20110822212058.jpg

副校長と面接する先生方の資料を見ていると、校長登場。
校長は大橋先生のことを一週間待ってくれると言ったはずなのに、なぜ?と言う。
「あくまで不測の事態が起きたときの準備です」と、大橋先生は復帰できないと思っている桐原先生。
あくまで現実主義な桐原先生ですね。

スクール!! 5-2

5_20110822205619.jpg

一夜明けた、桐原先生。
昨夜の落ち込みの影も無く、いつもどおりな桐原先生です。さすが。

6_20110822205618.jpg

校長が大橋先生の変わりにベテランの外部の方を呼ぶということから、またまた反発する桐原先生。

7_20110822205618.jpg
8_20110822205618.jpg

教師の不登校の問題は解決に時間がかかる、それよりも児童たちに通常の授業を受けさせるほうが優先度が高い。
これが現実ですと言ったところ
「そんな現実くそくらえです」なんて校長に言われて、呆気にとられてる桐原先生(;゜ロ゜)エェ??

9_20110822211401.jpg

本木先生と桐原先生。
ちょっと珍しいツーショット。
本木先生の児童のことを報告されています。本木先生もなんだかんだ言って、ちゃんと桐原先生に報告するのね。

スクール!! 5-1

1_20110822204455.jpg
2_20110822204454.jpg

5話は8年前の桐原先生の姿から。
児童を突き飛ばし胸倉を掴んで、必死に児童と向き合おうとしていたところ、他の先生に止められます。
今の桐原先生からは考えられないくらい熱い桐原先生。

3_20110822204454.jpg

そして、そんな過去を思い出している現在の桐原先生。
一人っきりの職員室で背中がしょんぼりしてます(´Д`。)グスン
そんなシーンだけど、張り付いたシャツから好けるランニングシャツ…(*/∇\*) キャ

4_20110822204453.jpg

しょんぼり中の桐原先生。
水も滴る良い男ってやつですね、色気がダダ漏れだよ(*/∇\*) キャ
思えば、コート着てスーツ着ていたから、シャツまで濡れるほどの雨ではなかったと思うんだけど、これはサービスショットですかね(笑)
じゃなきゃ、こんなに濡れてないよ。

スクール!! 4-6

29_20110807173033.jpg

校長が大橋先生のノートを読み上げます。
かつて希望を持ち、児童たちに愛情を持って接していたことを大橋先生に気付かせようとしたのでしょう。
でも、大橋先生にとっては、教師になりたくてなったのに、その教師の仕事を逃げてしまったという惨め気持ちを抱いているのに、その気持ちも知らないで、過去の希望を持っていた自分に戻そうとする校長に苛立っているんでしょう。
その気持ちをわかってか桐原先生も苦しい表情。

30_20110807173532.jpg

大橋先生の気持ちを表したかのように雨が降り出します。

31_20110807173704.jpg

このままで良いのか、負けたままで良いのかと校長は大橋先生に投げかけますが。
桐原先生は「あんたは人の気持ちがわからないのか」と校長の胸倉をつかみます。

32_20110807173825.jpg

「悪意は人の心を蝕む。でも、最後の最後に人を追い詰めるのは無知で無邪気な正義だ」と校長を行動を批判します。

33_20110807174115.jpg

「あんたみたいなやつが振りかざす、おせっかいで能天気な正義ってやつだ」

校長は、がんばれないと思った人に対してがんばれと言いつづける人ですね。
校長本人は、その「がんばれ」という言葉でがんばれるかもしれませんが、世の中にはがんばれない人もいることを知らなかったんでしょう。
大橋先生はまさに、その「がんばれない」人になっているのに。
桐原先生が言う「無知で無邪気な正義」というのはこういうことなんでしょうね。

スクール!! 4-5

25_20110807172128.jpg

5年生クラスの授業をしている校長のところに、桐原先生がやってきます。

26_20110807172127.jpg

廊下に出ると本木先生もいます。
何事かとたずねる校長に「大橋先生が警察に連行された。本木先生のクラスの児童と一緒に」と答える桐原先生。

27_20110807172502.jpg

警察に来た、校長と桐原先生、本木先生、武市先生。
本木先生は児童を送って先に帰るようですが、大橋先生に「どこまでも迷惑な人だ」と嫌味な一言を言って帰ります。

28_20110807172742.jpg

大橋先生が郵送で辞表を出したと聞いた桐原先生。
教師として復帰できなくなってしまった大橋先生。
懸念していた、悪い方向に向かってしまいました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。