Not alone

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚おめでとうございます

西島さん、結婚ですってね!
前から噂にはなってましたけど、ビックリしました。

いやー、めでたい(o゚▽゚)o
ファンが悲鳴と言われてますが、私は結婚して良かったなぁと思います。
だって、西島さん生活力なさそうだもん(笑)
甘いものばかり食べそうだし、役作りのために偏った食事しそうだもん。
だから、普段は奥様がいて食事面できちんとしてくれれば良いのになぁと思っていたので、本当に結婚して良かった!

既婚者になったことが、これからの西島さんのお仕事に良い方に働くことを期待します!

スポンサーサイト

MOZU season2 幻の翼 1

wowowで始まったMOZU season2。
序盤は、season1のおさらいって言ったところですかね。

倉木は、益々一匹狼のような雰囲気が漂ってますね。
season1で家族と暮らしていたマンションではなくて、倉庫にあるような部屋に住み、梁を使って筋トレだなんて。
筋肉がほんとにすごいわ(笑)

そんな倉木は、妻の千尋がなぜ「グラークα」作戦でただ一人生き残ったのか調べていきます。
このグラークα作戦。国民を監視するシステムが盗まれ、それを奪還するという作戦だったのですが、このシステムを盗んだ裏には何とロシアが関わっていたという事実。
この時の重要人物としてイワン・タイラーという人物を探す倉木。
そこで出会ったのが蒼井優ちゃん演じるフリージャーナリストの名波。
名波は爆弾事件の真相を知りたがっていて、爆弾事件の当事者であった倉木と利害が一致し、交換条件として名波は知り合いからイワン・タイラーのことを聞きだすが失敗し、ここで倉木の大乱闘。
倉木、season1より腕っ節が強くなっております・・・。

一方、明星は北海道の岬で起きた不審船と巡視船の銃撃事件を追います。
この不審船にはロシアのスパイが乗っていたらしい。そして、事件が起きた岬に近い駅に日本人の男がいた。
それは、あの新谷だったというのが分かります。
弟の宏美はseason1で亡くなっているので、この新谷はseason1で突き落とされ死亡したと思われていた兄の和彦。
season1のラストで崖を上っていた姿がここで結びつくわけですね。

また、明星の家にかかってくる不審電話。
明星は行方不明の父が電話をかけているんじゃないかと思っていますが、実際はどうなんでしょう?
これもグラークα作戦に絡んでいるのか?

そして、あの東が日本に戻ってきたという情報!
益々妖しさ満点の東。
倉木たちと今後どう絡んでいくのか。

今のところ、season1より面白い気がします!
やっぱり、全5話でコンパクトになっているからかな?
物語の展開がスムーズで見ていて飽きないです。
次回に期待です!

MOZU season1 episode7

1回、リアルタイムで見るのを逃してしまったら、そのまま2週間も空いて感想を書くのが遅れてしまいました(^^;)

さて、MOZUの7回。
前回、病院で大暴れした新谷弟。姿を消していたら、母校の小学校に現れ、葵美ちゃんが借りていた卒業アルバムを返す。
その後のブランコのシーン。
自分にとって大きな存在だった兄をなくし、復讐を決意。
ブランコに乗った後姿がすごく寂しそうであり、復讐を決意した目が怖かった。

一方で警察側も動き始めましたね。
大杉に警察を辞めるというパフォーマンスをして、若松管理官を動かします。
アテナセキュリティが公安警察から請け負って殺人を犯しているということを突き詰めるために。
そこで、ひとつの驚き。アテナセキュリティの東は元公安だったということ。
ということは、倉木と先輩後輩の間柄だったのかな。もしくは、倉木の奥さんとも。

その倉木の奥さん。
最後の最後にようやく出てきました、驚きの写真で。
爆弾事件の裏には倉木の奥さんが関わっていたと知った、倉木の驚きの目。
このシーン。新谷と倉木の対決シーンは緊迫感あって良いですね。
映像もコントラストが聞いていて、西島さんがすっごいセクシー(笑)
倉木も新谷もお互いのペースを崩さず、相手を落とそうとしている駆け引き。
見ていて面白かった!

また、面白いのは大杉が度々やってくる交番。
ここだけは、シリアスなドラマの中で唯一と言って良いくらい笑いが起きます。
この交番の警察官もこの後物語りに関わってくるのかな。

今まで展開が遅いなぁって思っていたけれど、ここに来て急展開って感じですかね。
ダルマとは何なのか。グラークα作戦とは。
今週分も後で見て感想書きます!

百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ) (集英社文庫)

百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ) (集英社文庫)百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ) (集英社文庫)
(2014/03/20)
逢坂 剛

商品詳細を見る

今日、書店に行ったら西島さんの視線を感じ目をやると(笑)
MOZUの原作本の装丁に西島さんがいました!
いやぁ、かっこいい眼差し。
思わず買ってしまいました!
でも、ネタバレが嫌なのでドラマが終わるまでは読みません・・・たぶん。

八重の桜 第五回

吉田松陰が獄死し、桜田門外の変が起き、「八重の桜」も段々と時代の大きなうねりが出てきましたね。
山本家にも攘夷派が現れ、覚馬を討とうとしたりと、時代の危うさを感じます。

この覚馬さんが襲われたとき、必死に守ろうとするうらさん。
本当に夫に忠実な妻ですね。
そのために、身ごもっていた子を流してしまうという悲劇。
その時に、覚馬さんが自分なんかを殺して一体何になるという怒り。
本当にその通りですね。
人ひとり殺したところで一体何が変わるのか。
いつの時代も同じことを繰り返している。
ここ最近の世相とも重なる部分があって、考えさせられますね。

来週は、松平容保に京都守護職を与えられるんだろうか。
そうすると、覚馬さんも容保に付いていくことになり、ここから明治維新まで覚馬さんと八重さんは離れ離れですね。
ようやく、今週で八重さんとうら、三郎と尚之助、覚馬への襲撃時の連携の良さから、絆みたいなものが垣間見えただけに、ちょっと残念。

さて、昨日の節分。
西島さんは綾瀬さんらと八重の桜の共演者の方々と成田山で豆まき。
ニュースでは、西島さんちらっとしか映らず残念。

uomo (ウオモ) 2013年 03月号 [雑誌]

uomo (ウオモ) 2013年 03月号 [雑誌]uomo (ウオモ) 2013年 03月号 [雑誌]
(2013/01/24)
不明

商品詳細を見る

今月号のUOMOの表紙は西島さんです。
UOMOって絶対買うことのない、大人な男性ファッション誌。
おされな大人な男性が多いので目の保養に良いかも(笑)

で、やっぱり西島さんは素敵~♪
普段、西島さんってダークスーツしか見ないので、こういうファッション誌でおしゃれな服着ていると萌える(笑)

さて、これからストロベリーミッドナイト見ます。
いよいよ、菊田登場ですかね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。